Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode696 … 再び・・・でも暑いので^^;

2013年 07月16日 00:37 (火)

Midgeの入魂も果たしたし、そろそろ次回の一本を!


DSCN0497.jpg

でもさ・・・こう暑くちゃ“火入れ”は“火あぶり”だよね^^;

あ、そうか・・・節の曲り直しをしなきゃいいんだ!
ちょうど端材の竹があったし、それで作ってみよう。

 
 
と言う訳で、節間ノードレスの5pcロッド製作に取りかかったのだ。
これなら、焼きを入れるだけで十分真っ直ぐになるかも・・・なんて^^;
予定としては、6’3” #3の渓流用でカーボン印籠継。


DSCN0495_20130715235618.jpg

午後の4時頃を過ぎて、少しでも気温が下がり始めてから作業開始。

節がないと削るのも速い。
ザクザクといけちゃう^^


DSCN0505.jpg

そして数時間後には、「粗々削り」が完了。

とりあえずのノンテーパー、正三角形もだいだいで・・・
次の粗削りでは、仕上げ削りのちょっと手前まで仕上げる予定。


DSCN0511_20130715235636.jpg

今回の端材は、実は孟宗竹。
春に筍を食べる、“あの竹”^^;

真竹よりもパワーファイバーも少なく、柔らかいロッドになるとか・・・
孟宗竹のロッドは一本持っているけど、僕の通う渓流では軟らか過ぎるのでオイカワ用として使っている。

今回のロッドは、トンキンで作ると硬すぎたMidgeの対面幅はほぼそのままで、素材を変えてみることにした。
まあ、5pcでは別物になっちゃうだろうけど^^;

削りの段階から、素材の軟らかさは十分に感じ取れる。
カンナがけも、トンキンより疲れない?

さあ、渓流で使える孟宗竹ロッドが作れるだろうか・・・^^;
これとは別に、暑さが落ち着いたらちゃんと?作ります。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年07月16日 06:35

おはようございます。

これで粗々削りですか!
十分正三角形に見えますが・・・(*_*)

水遊びもいいですね!
うちの子供たちがもう少し大きくなったときの為に、今度教えてください(^-^)

>co-dropさん

2013年07月16日 06:52

おはようございます。
この三角形は、自作の木製ラフフォームで高さ5mmに揃えただけなんです^^;
このあと、本物フォームで粗削り、焼入れ、仕上げ削り、接着です。

水遊びは、お手軽で楽しいですよね。
親も楽しめます^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。