Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode713 … 銘を入れる

2013年 08月08日 23:36 (木)

今日は急にお休みをいただいた。
午前中から家の用事で出かけていて、夕方から少し自分の時間を・・・


DSCN0973_20130808231114144.jpg

ようやくここまで来た。
あとは、ガイドを止めるラッピングを施し、シート周りを取り付けるだけ。

 
 
DSCN0978.jpg

ロッドの銘(と言うほどじゃない^^;)やインスクリプションを入れるのには、ペンと水性インクを使っている。
極細の筆ペンも持っているけど、インクを切らしてしまうまではこのスタイルでいこうかと。

今回は、ロッドネームがないので竹の名前を書いておいた。


DSCN0995.jpg

初めて「孟宗竹」を使ってみたロッドで、テーパーはP.Young氏の“Midge”を参考にしてみたつもり。
同じ、Midgeテーパーを参考に作った、「ヒロ用の Midge」と並べてみた。

今回から、僕の中のルールで、
 ・ トンキンなど外国産竹で作ったロッドは、横文字でインスクリプションや銘を入れる
 ・ 真竹など国産竹で作ったロッドは、漢字でインスクリプションや銘を入れる
にしようかと。

このロッドは、岐阜県産の孟宗竹で作ったので漢字で。
日本語の持つ雰囲気は好きだけど、もうちょっと字が上手いといいんだけどね・・・^^;

ちなみにこの二本は、ほぼ同じテーパーながら「素材が違うとここまで違うか???」というくらいに別のロッド。
トンキンケーンはパリパリに張りがあり、孟宗竹はベナベナっと軟らかい。
さらにガイドを乗せたら、いったいどこまで違ってくるのだろうか???

この軟らかさ、実際の渓流で使えるのかな???^^;
いい魚が掛かったときに、主導権を取られてしまいそうな・・・


DSCN0982_20130808231117301.jpg

銘を入れた後、最後のジェルニス塗装をした。
今日は、とっても蒸し暑いので、エアコンをかけていた居間で乾燥中。


DSCN1002_20130808231113159.jpg

フェルールはこんな感じ。
カーボン芯の印籠継ぎをベースに、対面幅が小さいトップピースのみカーボンのスリップオーバーフェルールにしている。


さて、次はガイドの取付だ。
ここまで暑いとロッド製作もメゲるけど、次回の釣行には間に合わせたいな・・・
シーズンオフでは、渓流テストもできないしね^^;



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年08月09日 08:17

おはようございます。 漢字もなかなかいいですね!
文字も十分お上手ですよ(^-^)

トンキンのミッジを振らせていただいたあの感じを覚えているので、孟宗竹との違いがどんなものか、また振らせてくださいね♪

>co-dropさん

2013年08月09日 18:10

co-dropさん、こんばんは。
漢字のバンブーロッドってのも、悪くないと思うのですが…^^
もっと真面目に、習字の授業を受けるべきでした^^;
同じテーパーとは思えない、全く別の竿になりました。
単純に、パワーを落とせて近距離も撃ちやすくなると思ったのですが、“張り”が違うとここまで違うか???と言った感じですね。
ぜひ、振り比べてみてください。

2013年08月09日 20:02

インスクリプションはロッドデザインの重要な部分ですが、自分も非常に苦手です(苦笑)
何回も書き直しています(笑)

>takiさん

2013年08月09日 21:14

takiさん、こんばんは。
やっぱり書き直しってありますよね^^;
今回も書き直しました・・・ティッシュで拭き取って、軽くペーパーかけて。
おかげさまで、書く時は緊張します^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。