Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode714 … 真似させていただきますm(_ _)m

2013年 08月10日 17:31 (土)

製作中の孟宗ロッドは、この暑さのせいか湿度のせいかわからないけど、ジェルニスの乾燥がいま一つ・・・
なので、ガイドのラッピングにはもうちょっと時間をおこうかと。


DSCN1034_201308101638105d4.jpg

その間、何もしないのも時間がもったいない。

そこで今回は、takiさんのブログでロッドブランクのインプリグネイト(樹脂含侵)がupされていたのに触発されて、以前、買っておいた材料を引っ張り出してみた。


 
 
DSCN1031.jpg

工作時間は20分・・・^^;

いろいろと参考にさせていただいているサイトさんを読んでいて、シートフィラーやランディングネットのインプリについて詳しく紹介されていたので、ずっと前に材料だけは揃えてあった。
でも、なかなか手を付けなかったんだよね・・・^^;

今日は、暑い中奮起して、エアコンもない“一畳工房”に籠り汗だくで完成!


DSCN1028.jpg

使い方は、保存ビンの中に、適度に希釈した塗料とインプリする材料を入れ、注射器で空気を吸い出す・・・
チューブの途中には、熱帯魚のエアーポンプに使う「逆流防止弁」がついていて、吸い出した空気が戻ることはない(はず)。
すると、ビンの中が負圧になるので、素材に塗料が含侵していくという仕組みらしい。
塗料が含侵された材料は、防水性や耐候性が高まるというわけ。

で・・・いったい何をインプリするのかっていうと・・・


DSCN1037.jpg

シートフィラーなんだよね^^

手前のビニールにパックされた10本は、以前購入しておいた無塗装のフィラー。
これをインプリしようかと。

ちなみに、後列左の5本は、既に2液ウレタンの刷毛塗りがされていたものを購入した。
同じく後列右の5本は、僕がオイル塗料で拭き塗りしたものだ。

オイル塗装って好きなんだけど、渓魚の隣にロッドを添えて写真を撮るときに、水に浸していると不安があって・・・^^;
そういう意味では、ウレタンでしっかりと塗っておきたいなと思っていた。

インプリがどこまで効果的なのかわからない。
でも、オイルの拭き塗りよりは奥までしっかりと塗料が浸透するように思えるんだけど・・・


ところで、「フィラー20本=ロッド20本も作れるのか???」っていうご指摘もありそう・・・^^;
今のところ、Ryoshiさんをはじめ数人の釣り仲間さんにテストしていただく予定が5本、他に自分用もある。
今年も残すところ4ヶ月あまり・・・使ってくださる皆さん、待っていてくださいm(_ _)m


DSCN1042.jpg

実は、今日も竹割と節裏の処理もしてみた。
でも、この暑さだもんね・・・曲り直しなんてしたくないよな・・・・・^^;

この竹は、ちょうど一年ほど前に岩手のKawagarasuさんへお邪魔させていただいたときに、千葉さんから分けていただいた岩手産の真竹だ。

肉厚も十分、しっかりと乾燥していて良い色合いになっている。
ところが、この真竹が採れた山は、2年前の東日本大震災の津波の被害を受けてしまったそうで、残念ながら、もう竹が採れることはないらしい。

そんな貴重な真竹だったので、曲り直しで折ったりしたくなかった。
あれから一年経ち、少しは曲り直しも進歩したと思うので、いよいよ手を付けてみようかと。

テーパーは、またも「Midge(P.Young)」。
またかよ・・・って言われそうだけど、けっこう好きなアクション。
ただし、トンキンで作ったら、日本の小渓流にはちょっとオーバーパワーだった。

そこで、二本目は孟宗竹で作っているので、三本目を真竹で作ってみようかと。
これまでの感想としては「トンキン=沢釣りには硬い」、「孟宗竹=ちょっとヤワ過ぎかな?」ときているので、「真竹=直球ど真ん中ストライク!」になってくれるんじゃないかな~なんて^^

バンブーロッド作りは、こんなことを試しても面白いよね^^




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年08月10日 20:48

こんばんは。

インプリグネイトなんていう方法があるんですねぇ。(takiさんのブログも今朝見ておりました(^-^; )

益々専門的で付いて行けません(^-^;

でも!仕上がりはチョー楽しみにしています(^-^)/

2013年08月10日 20:51

こんばんは

また、食いついちゃいました。
インプリした後の表面処理も結構問題なんですよね〜
結局、表面に何かしないと何にもしていないって感じになります。

>co-dropさん

2013年08月10日 21:34

co-dropさん、こんばんは。
インプリって、前から気になっていたんですよね。
でも、なかなか腰が上がらなくて…(^_^;)
まずは、フィラー以外で試してみようかなと思ってます。

>takiさん

2013年08月10日 21:42

takiさん、こんばんは。
え〜?
このままじゃダメだったんですか??
知りませんでした^^;
インプリすれば、杢がキレイに浮き出て、表面はテカテカになるものだとばかり思ってました。
その後の重ね塗りも必要ですね(^_^;)

2013年08月10日 22:45

こんばんは。

真竹のミッジ・・期待しちゃうな~♪
楽しいバンブーが出来そうですね!

>oko-rocksさん

2013年08月11日 19:32

oko-rocksさん、こんばんは。
トンキンに始まり、孟宗竹、そして真竹…
振り比べたら、面白いと思うんですよね!
たしか、oko-rockさんのところにあるtakiさんのMidgeも真竹でしたよね(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。