Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode726 … 恒点観測員340号???

2013年 09月07日 15:18 (土)

今回の記事のタイトルがわかった方は、きっと同年代ですね・・・^^;

DSCN1393.jpg


僕の作った二枚合わせ渓流ロッドを使っていただいているco-dropさんから、ロッドの曲りが出始めたとのご連絡を受けた。
次回の釣行でも使ってくださるようなので、急遽送ってくださった。


 
 
DSCN1397.jpg

今日は曇って暑くないので、火を使うにはうってつけ。
早速、電熱コンロに局部用のカバーを被せて曲げ直しをしてみた。


DSCN1405_201309071450187e1.jpg

作業は20分ほどで、真っ直ぐに治った^^

僕もそうだけど、沢で釣りをするとスリークォーターやサイドキャストが多くなる(ほとんど?)。
そんな使い方が多いと、どうも右側に反ってしまうような気が・・・
僕の自作ロッドはともかく、過去の市販のバンブーロッドでもそれは見られた。

あとは、このところ雨天の釣行が続いていた様子なので、吸湿してますます曲りが出やすくなったのかも。
ウレタンで塗装されたバンブーロッドでは曲りが出たことはないので、オイル塗装の弱点かもしれない。


DSCN1403_2013090714502474a.jpg

今回、曲り直しをしていて気付いたことがある。
実は、曲りよりもはるかに深刻な劣化が始まっている・・・

この竿、小物竿の肉薄なカーボンブランクを加工してスリップオーバーフェルールとしているためか、フェルール部分の傷みが見られた。
これと全く同じ症状が、jetpapaさんに使っていただいている「韋駄天」にも現れている。

思えば、市販のグラファイトロッドのスリップオーバーって“それなり”の肉厚がある。
さすがに、この薄さではもたないのかも・・・

このロッド、一番トップのフェルールのみルアーロッドのブランクを使っていて、厚みが小物竿の倍くらいある。
こちらはビクともしていない。
やっぱり、小物竿では、岩魚や山女魚釣りにはもたないのかな???


いずれにしても、このロッドは今季の早い時期から使い始めて、200匹近い岩魚や山女魚を釣ってくれた。
雨の日も、晴れの日も、ネイティブな渓魚たちと渡り合ってくれた。

途中、バットピースの接着剥離があったり、フェルールの擦り合わせを治したり・・・
プロトタイプとして、他にもいろいろな改良しながら使ってきた。

満身創痍・・・一年間の疲労や疲弊が蓄積されてきて、限界に近づいているのかもしれない。
・・・そろそろ故郷へ帰らないと^^;


まあ、これ以降に作っているロッドは、少しは改良されているので耐久性も向上したと思う。
co-dropさんには、来季は別のロッドが届くと思いますので・・・お待ちを^^


DSCN1387_201309071450200a8.jpg

ロッドも治しつつ、僕も次回に向けて準備を・・・

ここ二回ほど、秋の気まぐれに翻弄されて、今一つの釣果だった。
どうもドライフライだけでは食ってくれないように感じているので、水面膜の下側へアプローチしようかと。

バスフィッシングでも経験があるけど、水面上と水面下数センチで雲泥の差が出ることがある。
それほど、水面上に浮くものを食うことは魚にとって“一大決心?”が必要なことなのかもしれない。

また、産卵に遡上してくるサケを釣るには、“赤いフライ”を使うと聞いたことがある。
イクラの色も同じだし、イワイイワナでは赤フロスが一番効くように感じている・・・
“赤”という色は、サケマス類にとって、口を使うトリガーになるのかもしれない。

そんなわけで、ハーディーズフェバリットのクイルウィングなし(イワイイワナのウェットver.とも言う^^;)を巻いてみた。
クイルウィングをつけないのは、面倒くさいから^^;
だって、ソフトハックルとかこの手のパターンって、簡単に巻けて良く釣れるんだよね^^
パートリッジハックルのものも幾つか準備しておこう!




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年09月07日 17:04

こんにちは。

早速ありがとうございます(^^)/
局部用のアイテムは漏斗を加工したものでしょうか??
矯正用の添え木も然り、やっぱり専門家にお願いしないと自分ではどうしようもありませんね(^^;

来年のロッドも大変楽しみです!
しかし、このロッドももう少し使わせてくださいね。

ちなみに・・・
タイトルは分かりませんでした(^^;

>co-dropさん

2013年09月07日 17:21

co-dropさん、こんばんは。
大正解です!^^
局部用は、100円ショップのアルミ漏斗をちょん切ったものです^^;
専門家どころか、まだまだ素人の工作レベルですよ^^;

このロッドは、co-dropさんのものですので、壊れて修理不能になるまで釣りまくってください。
偶然できたテーパーですが、今年作った中で一番好みに合うロッドでした。

タイトルですが、co-dropさんが生まれる前の某人気特撮ドラマです^^;
恒点観測員340号は、地球の為に一年間にわたって数々の侵略者と戦い、自身のダメージも蓄積されてしまいます。
最終回に、故郷へ帰るのです・・・ああ涙!
って、マニアックですいません^^;
ググってみてください。

2013年09月07日 20:36

こんばんは。

ウルトラセブンだったのですね!こんな作品の背景があったとは。

たま~に今の仮面ライダーを見ますが、仲間??同士が戦っていたりと、全くよくわかりません!!!

>co-dropさん

2013年09月07日 20:45

co-dropさん、こんばんは。
そうなんです・・・セブンの上司が来て、「早く帰れ」って警告するんです^^;
ちなみに、僕はアンヌ隊員が大好きでした・・・再放送を見て、子供ながらに^^;

ウルトラもライダーも、CGなくても昔の方が楽しかったです。
今のヒーローものは、すべて“軽すぎ”ですね。
時代の流れなんでしょうけど。

2013年09月07日 22:37

こんばんは

自分もすこ〜しわかりません(笑)
終わりかけていた世代でしょうか?

話は変わりませすが先日作ったグラファイトで分かったことですがいちばん先のティップセクションのフェルール(メス)厚みは0.5mmでした。
グラファイトはこのくらい厚みがあれば強度をたもてるのでしょうね

ちなみに自分の作る金属フェルール(ニッケルの場合)は0.3mmです
金属は強いです(笑)

>takiさん

2013年09月07日 22:48

takiさん、こんばんは。
たまに?オタクになりますが、気になさらずに・・・^^;

はい、フライは0.5mm前後、ルアーは1mm弱ありました。
小物竿は0.5mmを切ってましたが、元々のカーボン含有率も低いので、強度がないのかもしれませんね。
ニッケルは0.3mmですか・・・ケタ違いに強いですね。

来週は、takiさんの印籠継ぎロッドを担いでいきます^^
今度はパイプに入れていきますね!

こんばんは(^^♪

2013年09月09日 21:31

タイトルはわから~ん(笑)

ガンダムなら・・・(*^_^*)

自分のロッドは元気ですよ~~
明日も朝霞で、バシバシ使っい回してきます(*^^)v
毎日歩いて、来季に備えてます・・渓流復帰に向けて(笑)

>アダムスさん

2013年09月09日 21:44

アダムスさん、こんばんは。
すいません・・・マニアックで^^;

アダムスさんのは大丈夫ですか?
良かった^^
曲がったりしたら、いつでもおっしゃってくださいね!
毎日トレーニングですか・・・ヤバい、ついていけないかもです^^;

復帰、楽しみにしていますね!
その時は、渓流用バンブーRも言ってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。