Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode759 … 耐久テスト

2013年 11月28日 21:25 (木)

今日は、日曜出勤の代休だった。
さっさと取らないと、タイミングを逃してタダ働きになりそうだし・・・^^;


DSCN2346.jpg

天気も良さそうだったので、アダムスさん、co-dropさんにもお声がけさせていただき、三人で平日の朝霞ガーデンを楽しんだ^^

前回は、午後からの3時間しか釣りができなかったけど、今日は朝から一日券!
ならば前回に引き続き、バンブーロッドのテストもやっちゃおう^^

 
 
DSCN2318.jpg

釣り談義をしながら楽しめてしまうのも、管理釣場のいいところ。
大先輩のアダムスさんからいろいろなコツを教わったり、来季の渓流は何処へ行こうか・・・なんて話も。
釣りの話って、尽きないよね・・・^^;


DSCN2310.jpg

今日の僕の耐久テストはこの二本。
Hiro Midge(6’4” #4)とMisty(7’4” #5あらため#6)。
引きの強い虹鱒相手に使ってみて、不具合がないかどうか確かめてみようかと。

スタートは午前9時、終了予定は午後5時の8時間!・・・“8耐”みたいなもんか???^^;


DSCN2315.jpg

一投目から釣れてくれた。
寒い時期になっても、やっぱり朝は釣れる。
なんとなく日が弱いから???
それとも、魚がスレてないから???


DSCN2313.jpg

ちなみに、朝イチのフライはCDCダン(#20)にティペットは0.4号。
竿は“Midge”なので、ミッジで釣ってみたいなと・・・^^;

それに、先日お会いすることができたFlyaokiさんから、『CDCって丈夫ですよ』とメンテの方法とともに教わったので、こちらも耐久テストをしてみたかったのだ。

これまでよりも強気?で、ゴシゴシとティッシュ&フロータントでメンテしてみた。
本当だ・・・CDCって意外と丈夫なマテリアルなんだ!(驚き)
Flyaokiさんは、一つのCDCフライだけで一日釣ってみたこともあると話されていた。

来季の渓流では、もっと使ってみよう^^


DSCN2327.jpg

CDCダンでそこそこ釣った後は、今度は“車田式マーカー”もテストしてみると、これはとってもスグレモノだと痛感。
取り外しは簡単だし感度もいい、材料費もバカ安!
小さなアタリも取りやすいので、一時はワンキャスト・ワンフィッシュ。

ただし、今回は横着して工程を省略して作ったため、外れやすくなってしまった。
次回からは、ちゃんとレシピどおりに作ろう。


でも、なんでもイレグイかというとそんなことはなく、流すレーンやフォールのさせ方、タナも仕掛けのセッティングもフライも合っていないと、ペースは極端に落ちる・・・
しかも、一つのパターンを見つけても、数分後には激変することもしばしば。
このあたりの工夫のしどころが、管理釣場の面白さだ。

魚はたくさんいる・・・でも、釣れるかどうかは釣り人次第。
釣れる、釣れないがハッキリと、“釣果という数字”で確認できる。


DSCN2335.jpg

秋も深まり、いよいよ冬の到来という季節のためか、池の岸際には良型のペアリングが多く見られた。
こいつらを何とか釣りたいと思った。

ところが、食い気がないのか普通にフライを投げても食わない。
そこで、かつてのバスフィッシングでやっていた“ネスト(産卵床)狙いの釣り方”を管理釣場の虹鱒に応用して試してみると、これが上手くいった^^

シャローのウロツキ虹鱒が、しかもそこそこの型ばかりが釣れだした。
型も良いので、ロッドのテストにはもってこいだ。
これらの虹鱒で大丈夫なら、渓流の岩魚や山女魚も大丈夫だろう。


DSCN2325.jpg

いい感じのペースで釣っていると、後ろには猫が・・・
魚が欲しいと寄ってくるのだ^^;


DSCN2340.jpg

結局、予定より30分早い午後4時30分でこの日は終了・・・ロッドよりも僕の手首がヘタった^^;
7時間30分間で、81匹の釣果だった。

気になっていたカーボン印籠継ぎは、この日もトラブルはなし(ホっ)。
太めのティペットにして強気で取り込んだり、夕方は引っ張りで遠投してみたけど、いまのところは大丈夫・・・かな。

もっとも、100匹や200匹で壊れるようなロッドじゃ話にならないか・・・^^;
引き続き、管理釣場で楽しみながらテストしていこうと思う。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

釣れましたね~~

2013年11月28日 22:16

CDCは、ご法度です(笑)

今日は、活性が良いのか悪いのかはっきりしない状況でした・・
色に強く反応したり棚に反応したりで・・

管理釣り場は、本当に奥が深いと思いますね~~
自分の朝霞の記録は134匹です・・これは本当に釣りとゆうより人間の耐久テスト(爆)

もう一つ、管理釣り場の面白さは、遠投での合わせ!
今度は、発光路辺り遊んでみませんか?
3号池はデカいのが居ますよ・・・

>アダムスさん

2013年11月28日 22:33

アダムスさん、今日もありがとうございました^^
やっぱり、CDCのミッジは反則ですね^^;

今日は、バタバタって釣れて、シ~ンとなって・・・
の繰り返しだったように感じました。
夕方もそうでした。
食い気のある短時間で、いかにミスなく釣り続けるか^^;
バラシも多かったのが悔やまれます。

朝霞の魚で134匹は、手首が壊れますよね^^;
大丈夫でしたか???

デカいの釣りに、遠征しましょうか^^
遠くで掛ける釣りも、教えてください。

No title

2013年11月29日 17:30

朝霞ガーデンって広いんですね。
フライ専用釣り場は水がきれいだからサイトフィッシングができるんですね。
関西にはいくつかのポンド式の管理釣り場があるんですが,どこも遠いからなあ。
その中の嵐山フィッシングエリアへ15日に行く予定ですが,寒いやろなあ。


No title

2013年11月29日 17:52

こんばんは。

昨日もお世話になりました。
管釣りもとても奥が深いことを教えていただきました。

しかしアダムスさんは凄い方ですね!
僕もフライを巻くところから始めてみます(^^)

>リョウさん

2013年11月29日 19:32

リョウさん、こんばんは。
朝霞ガーデンは、エサ、ルアー、フライなど池が別れていくつもあります。
地下水を組み上げてますから、水温も年間を通して一定の範囲内のようです。
僕は水温を計らないのですが、手の感触では冷たくなかったです。
加えて、透明度もそこそこで、見え過ぎず、濁り過ぎずほど良いんです^^
嵐山、楽しみですね!
僕は池でも川でも、釣りはなんでも大好きです^^;

>co-dropさん

2013年11月29日 19:36

co-dropさん、こんばんは。
昨日もありがとうございましたm(_ _)m

管釣りって、僕にとってはかつての河口湖のバスフィッシングに似てるんです。
魚はいるけど、その中でいかに他の釣り人よりもいい魚を獲るか・・・
効率的なパターンは?
と考えるのが面白いですね^^

そういう意味では、僕のフライフィッシングって変かも?^^;
実力が伴いませんが、釣って釣って釣りまくるのが大好きです(^○^)
アダムスさんに写真に撮られてしまいましたが、オニギリ食べながらも竿は離しません!
ジャムパンを食べながらも、数匹釣りましたよ^^

来季の渓流は、アダムスさんにいろいろと教わりましょう^^

ミッジ

2013年11月30日 11:27

こんにちは

ミッジの釣り。はまっちゃいますね。
上州の釣堀でも「ミッジ」で有名なところが有りますので是非どうぞ!
そこにも何故か猫さんが・・・
釣堀に猫
よく見る光景なんでしょうか?

>自転車通勤人さん

2013年11月30日 18:32

自転車通勤人さん、こんばんは。

>上州の釣堀でも「ミッジ」で有名なところが…
赤城FFですか?
行ったことがないのですが、きれいな山女魚が釣れるそうですね!^^
ティペットも、今回の0.4号では太いですかね・・・^^;

猫はHOOKでも、寄居のYGLにもいました。
何処の猫も肥えてました^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。