Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode762 … 竹取り

2013年 12月01日 21:35 (日)

竹取り???

竹採り????

竹取物語にちなんで、今回のタイトルは“竹取り”で^^;


DSCN2376.jpg


お姫様には出会えなかったけど、将来、釣りの相棒となるであろう良材には出会えたのだ^^

 
 
DSCN2382.jpg

竹藪の斜面を見上げると、陽当たりのいい場所に一本だけ残った楓の紅葉が鮮やかだった。
でも、朝方は霜が降りる時期になり、今年の竹取りにはちょうど良い季節かと思う。

この竹藪、初めて見たときは孟宗竹の藪だと思った・・・それほど太かったのだ。
でも、孟宗竹にしては節間が長かったので、近くで見てみたら節のリングが二重になっていた。
表皮の感じも真竹っぽい。
淡竹と真竹の違いはわからないけど、そのどちらかだと思った。

土地の所有者さんを見つけ出し、「釣竿の材料として何本かいただけませんか?」とお願いしてみると、ありがたいことに快諾してくださった。


DSCN2387.jpg

節ができるだけ低く、ジグザグうねりの少ない竹を選び切ってみると、この藪の竹は根元から数節上で節間が45cm以上もあり、枝が出る位置では50cm以上にもなっている。
ただし、あまり上の方は肉厚も薄くなってくるし、強度的も落ちてくるのだろうからバンブーフライロッドには向かないかもしれない。

そんなことを思い、節間45cm~50cmの部分を目安に切り出した。
比較的根元に近い方でこの節間があるので、ロッドの素材として使いやすいだろう^^


DSCN2385.jpg

今日はこのくらいで・・・さすがに重労働だね^^;
切るだけならどうってことないけど、水を含んだ青竹はずっしりと重い。
これを担いで車までの道のりを運ばないといけない・・・

でも、この冬にもう一度は来たいと思っている。
理想的には3年間は乾燥させてから使う方がいいと聞いたことがあるので、少し先の分までストックできればと。


そしてオマケ・・・この日は、この後“オバケっぽい丸節竹”の場所にも行き、2.5mを25本ほど切り出しちゃった^^
この竹もなかなか良かった。

真竹のようなしっとり感とは違った、まさにタイニートンキンというのがピッタリかと。
どちらの竹も、早く乾燥しないかな。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年12月02日 06:39

おはようございます。

いやー、これは重労働でしたね!
三年間の乾燥・・・、これもスゴい(^-^;

お疲れ様でしたm(_ _)m

>co-dropさん

2013年12月02日 06:45

co-dropさん、おはようございます。
この竹藪、斜面なので運搬が大変で…^^;
三年は、最大でです。
ストックがもたないので、二年目から使うかもしれません。
丸節竹は、青味が抜けるのに真竹よりかかるのですが、早く使いたいんですよね。
今月中にも油抜きをしようと考えてます。

No title

2013年12月02日 09:27

すごい!これだけの竹を調達できるとは!
楽しみですね!

No title

2013年12月02日 18:39

こんばんは

油抜きさえうまくできれば、半年もすれば使えますよ〜
できれば屋内に入れておいたほうが乾燥も早いし、湿気ったりもしないはずです。
家族の目はきついですが(笑)

>oko-rocksさん

2013年12月02日 19:48

oko-rocksさん、こんばんは。
目の前にあると、ついつい取りすぎてしまいます。
ペース的に、そんなに作れないんですけどね^^;
製作頑張ります!
気長に見守っていてください^^

>takiさん

2013年12月02日 19:52

takiさん、こんばんは。
半年で使えると嬉しいですね!
年内に、庭でBBQでもしながら油抜きしてみます。
それなら家族から苦情も出にくいかも…なんて考えてます^^;

ホントですか?

2013年12月02日 20:26

良い物を見つけましたね!
でもしげさんのペースじゃ
1年分じゃないですか・・・・
絶対3年持たない~

No title

2013年12月02日 21:42

日本にはいろんな種類の竹がありますね。

みんないろいろ工夫されてロッドを作ったはりますね。

そのこだわりに,乾杯!!



>yamameさん

2013年12月02日 22:19

yamameさん、こんばんは。
直径10cm、長さ1.8mの真竹から、一体何本のロッドが作れるのでしょうかね???
最近の僕のトンキンの感じですと、Φ5cm、L=1.8m×2本から、ロッド2本てとこです。
竹って同じ一本でも、グネグネの面と素直な面があるように感じています。
グネグネはどうも・・・メリっと^^;
年内に、もう一回取りに行く予定です。

>リョウさん

2013年12月02日 22:23

リョウさん、こんばんは。
初めて作ったロッドは、和竿屋さんで購入した真竹が材料でした。
そしてトンキンを試し、孟宗竹も試し、丸節竹です。

ちなみに、ホームセンターの白竹も試しましたがダメでした。
後から知ったのですが、苛性ソーダで煮るから脆いそうです。

真竹のしっとり感は好きですが、トンキンの素直さや張りも好きですし、軽量でシャープな丸節も好きです^^
孟宗はオイカワなんかにいいように思います。
いろいろと個性があって楽しいです!

竹取

2013年12月03日 20:51

しげさん
こんばんは。
良い竹ですね。実際はかなり重労働ですね。
私も少し仕入れたいと考えております。
おつかれさまでした。

>ジョニーさん

2013年12月03日 22:05

ジョニーさん、こんばんは。
生の竹は、ズシッと重いですよね^^;
もう何本か、獲ってくる予定です。
それが乾くまでは、昨冬のストックを使ってみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。