Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode763 … 密漁者情報を伝えた。

2013年 12月02日 23:52 (月)

少し前にブログに書いた密漁者三人組の件について・・・その後の報告を。

この密漁者の会話の内容から、僕は水系を特定することができた。
(年に何度か訪れている。)
そこで、その水系を管轄をしている漁業協同組合へ、今回の件を連絡してみた。


「埼玉県某地区ナンバーの三人組、歳は70歳前後、低水温期の岩魚つかみ取りと、電気による密漁を相談していたのを偶然聞いてしまいました。話の内容から、まず間違いなくそちらの漁協管内の・・・です。」と。

すると、電話に出られた漁協の方から驚くべき話が・・・

 
 
『実は、その三人組に似たグループと、過去にうちの監視員が接触している!』とのことだった。

そのグループの特徴は、
① 60~70歳の三人組
② 埼玉県某地区のナンバー
③ 禁漁期間に、釣りによる密漁
とのことだった。

僕が食堂で遭遇したグループと①、②は共通する。
でも、同じグループかどうかは、これだけではわからない。
考えたくないけど、密漁者は当たり前に存在するのかもしれない。


その時の様子を、少し話してくださった。

***** 以下、漁協の方の話 *****

漁協の監視員が、密漁を発見してその場をおさえた。
すると、その監視員は三人に囲まれ、脅された。

すぐに警察に通報したものの、彼らは
『俺たちの前をふさいだら、轢き殺してやるからな!』
と言い、制止を無視して車で強行突破、逃走した。
もちろん、車のナンバーは控えていたので、駆け付けたその地区の所轄警察署を通じて埼玉県の警察署へ照会して調べたところ、車の持ち主も特定できた。

ところが・・・間接的に関わった埼玉県の警察署は、犯人情報を漁協に教えることができないらしい。
そして、今に至っている。

***** ここまで *****


所轄警察署が現行犯で捕らえないかぎり、彼らの逮捕は難しいとのことで、話してくださった漁協の方も悔しがっていた。

今回の僕の話では、“電気で・・・”という点に漁協の方の怒りが電話口からも伝わってきた。
『手間もかけて、何百万もかけて放流しているのに・・・許せない!』と。

僕には、
「取り締まりには、いろいろなご苦労があるとは思いますが、ぜひ警察署にも協力を求めて渓を守ってください!来年もそちらで楽しい釣りができるよう、宜しくお願いします。」
とお願いするしかなかった・・・なんて無力な。


漁協の方は、『ぜひ、来年もうちに釣りに来てください。そして今回のような情報があったら、ぜひ一報ください。』とのことだった。
一匹でも多くの渓魚が無事に産卵し、来年に向けて育ってほしいと願うばかりだ。


DSCN1425.jpg

禁漁してから、積雪で人が入れなくなるまでの間は、人目にもつきにくく狙われやすいのかもしれない。
また、今回のようなケース以外にも、恒常的な密漁や漁業規則の違反があることは承知している。
でも、少しでもなんとかならないものか・・・と。
僕ら釣り人も、シーズンオフのリサーチやキノコ狩りで山に入るし、岩魚・山女魚の産卵ウォッチングなどの機会もあるだろう。
そうした機会を活用して、もしも密漁者を見かけたらすぐに警察へ通報し、漁協にも情報を伝えることはできると思う。


今回、このような情報を漁協の方がどのように受け止めてくださるか、正直言って不安もあった。
もしかしたら、まったく相手にされないかも?なんてことも考えた。

ところが、応対してくださった方は、“熱い”方だった。
良い釣り場を作り、たくさんの釣り人に来てもらって楽しんでほしいという気持ちが強く伝わってきた。

この時代だし、漁協によっては人手不足、財源不足などあって、思うような運営ができないこともあろうかと思う。
渓魚が生息できる環境はあるのに・・・

一方で、釣り人の中には、「良い釣りを楽しむためには、ボランティアなど手伝いたい!」と思う人も少なくないのではないだろうか。
(僕はその一人。)
ただし、組合員どころかその土地の者ではないので、個人で実施するには難しい。


漁協と釣り人が、パートナーとしてもっとうまくコラボできるようになれば、釣り場作りも漁場管理も今以上に良い方向へ向かうんじゃないかと思うけど、これって難しいことなのだろうか?
法的なハードルとか、何かたいへんなことがあるのだろうか?
両者にメリットがあるのに・・・
実際、そうした試みが上手くいっている漁協もあると聞く。

これだけ情報化社会が進展した世の中・・・
趣旨を説明して呼びかければ、釣り人と漁協の接点はもっと多くなり、共により良い釣り場環境を実現できるように思えてならない。

これから数十年先のことを考えると、漁協は漁協、釣り人は釣り人っていう現行システムを、全国的に大きく変えていく必要があるように思うんだけど・・・
な~んて、生意気にも思っちゃった^^;



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2013年12月03日 00:49

こんばんは。

我が地元HRの漁協にも、熱い方が2名ほどいらっしゃるんです。
単なる監視員なんかじゃなく、渓と釣りを愛するリバーキーパーさんなのです。
その方たちの活躍で、一時期は再生の兆しが見えたかに思えた渓もあったのですが、近年再び荒廃している感は否めません・・
前回記事で「やはりな・・そういうことはあるんだな・・」と寂しい気持ちになりましたが、情報化社会を逆手にとって、ひとりでも多くの釣り人の意識改革が実現できれば良いのに・・って思いました。

密漁者

2013年12月03日 08:03

は現行犯でないと逮捕できないのは保護員をしている時から
言われていました、厄介でもその都度通報して下さいと。
あの手の輩は欲の為に告発者に対して危害を加えるからです。

しげさんに先日送ったメールの内容もこの件と類似していますが、
これは私達釣り人が一緒に成って告発すべき問題だと思います。
仰るように漁協に対し何かしらの働き掛けは必要でしょうネ。
ただ昔からの確執で漁協もウンダラし殿様商売に腰掛けている
ことも否めません、これからの若い漁協員の力が試されます。

私達も一度漁協に協力しますと言うアクションを示しましょう。
来期、利根漁協や吾妻漁協に働きかけてみます。

2013年12月03日 14:19

こんにちは

すごく、重く重要な話題ですね。
当地でも、似たような案件はあるので、渓流などに限らずいろいろな場面であるのだと思います。
神流川みたいに罰則をしたらすぐ刑法みたいな河川がふえれば変わると思うんですが・・・

難しい問題ですね。

>oko-rocksさん

2013年12月03日 17:42

oko-rocksさん、こんばんは。
釣り人もそうですが、漁協にも同じ方向を向いている方がいるはずだと信じています!
もちろん、これまでのやり方との違いや、さまざまな問題はあるのでしょうけど、成功している漁協があるのも事実ですよね。
20年前にはできなかったことでも、ネットやその他の媒体を利用した新しい方法があるように思うのです^^

>クラさん

2013年12月03日 17:44

クラさん、こんばんは。
密漁の件は、神流漁協のように法的にも固めないと効果がありませんから、我々ができることにも限界がありますよね。
でも、魚を増やす働きかけ、お手伝いなら賛同者もゼロではないでしょう。
そこから少しずつ、漁協と釣り人の距離を縮めていくのがスタートのように思います。
ぜひ、アプローチしてみましょう。
ただやられて悔しいばかりでは、何も変わりませんよね。

>takiさん

2013年12月03日 17:45

takiさん、こんばんは。
神流は、罰則のある条例を制定していると聞いたことがあります。
そうならば、行政も一緒になっての取り組みですよね。
きっと、観光資源の一つとして、町全体で渓流釣りの振興を目指しているんだと思います。
ここまでのアクションを起こすのは相当たいへんだとは思いますが、何かスタートできるといいですよね。

漁協がんばれ

2013年12月04日 22:18

こんにちは
我が家の近所でもがんばっている漁協が増えてきたように感じます。
密漁対策はもちろんなのでしょうが、釣り人に楽しんでもらおうとする意気込みが見えるようになってきました。
神流川や渡良瀬川のように釣り人と地元漁協が力を合わせ、楽しいフィールドが多くなれば嬉しいです。

>自転車通勤人さん

2013年12月05日 20:11

自転車通勤人さん、こんばんは。
ダイビング、バスフィッシングのときもそうでしたが、レジャー客を相手に商売していると感じる漁協って本当に少ないように思います。
そんな中で、いくつかの漁協がこれまでとは違った取り組みを始めたことは嬉しいですね!
でも、漁協も釣り人も、一緒にやっていくにはまだまだ越えなければならないハードルがあるのも事実のようです。
お互いにできることから始めたいですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。