Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode770 … 韋駄天Ⅱ・試し振り

2013年 12月14日 13:58 (土)

明日は仕事なので、早速の越辺川テストへ・・・


DSCN2595.jpg

ラインを通し、フライをつけて、川で振ったらどうだろう???

 
 
DSCN2577.jpg

天気もいいし、風もほとんどない。
小春日和っていいよね^^

今回の竿袋は、“はいからさんが通る”風???^^;


DSCN2592.jpg

初めは、WF1Fを乗せてみたところ、ぜ~んぜん軽すぎた。
そこで、DT3Fに変えてみると、こちらの方がいい・・・でも、ちょっとタルイかな。
近距戦の多い渓流なら、ちょうどいい感じ。

一方、距離を投げる必要のあるオイカワ釣りなら、DT2Fがベターかもしれない。
2番ラインもポチってあるので、次回は試してみてみようと思う。

また、リールシートのコルクフィラーは悪くないんだけど、7’5”のロッドならウッドフィラーでも良かったかな・・・
と言うのも、コルクは軽いのでロッドの重量バランスが前へいってしまうので、やや持ち重り感がするのだ^^;
7’0”までのショートロッドなら、コルクの良さがより活かせるのかも。


DSCN2598.jpg

今日の越辺川はこんなサイズばかり・・・
10cm以上のオイカワやカワムツは、どこかの深場へと移動してしまったのだろうか。

このサイズだと、ぜんぜん面白くない^^;
ロッドパワーを持て余しすぎ。

そもそも、オイカワ用として作ってみたものの、丸節竹は予想以上にシッカリとしていてベニャベニャではなかったのだ。
ちょっと軟らかめな渓流用ロッドといった感じになってしまった。

でも、今回はここ数本の「P.YoungのMidge」とは全く違った性格のテーパーにしてみたところ、僕にはこちらの方が相性がいいみたい。
近距離もそこそこいけるし、ハーフカットしたDT3Fも投げられる。

ロッドのトップ側半分で近距離を、バットの撓りで中距離を投げるような感じのアクションで、Midgeほどの近距離の投げにくさはなかった。
距離については、よりバーサタイルなロッドになった。


今後、お仲間の皆さんにお会いできる機会もあると思うので、振ってもらって客観的なご意見を頂こうと思っている。
また、明日の出勤の代休で、管釣にでも行けたらいいなと^^


さて、次の一本は、Fさんに来季の渓流で使っていただく予定のトンキンロッド。
テーパーも決まり、荒削りまで済ませている。
ちなみに、コスメのご要望は、“Burnning red”です・・・^^




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2013年12月14日 19:35

こんばんは

なかなか思うようにはいかないですよね〜
頭の中と実際がリンクするのは極わずかです(笑)
材料費のこともあるのですが思い切ってどちらかにふって見るのも一つの手かもしれませんね
#2で作るには#1で設計するとかして

2013年12月14日 20:29

こんばんは!

韋駄天、完成しましたね(^-^)
もっとも、オイカワより渓魚の方が適しているようですが。でも、またしげさんの引き出しが増えたというところでしょうか。

僕は、昨日久しぶりに来年用のフライを巻き、ささやかな工作を楽しみました(^-^;

>takiさん

2013年12月14日 21:13

takiさん、こんばんは。
そうなんです・・・あっちを立てれば、こっちが立たず^^;
矛盾する要素をいかに組み合わせるかって部分に、今回のロッドは振り回された結果となりました。
仰るように、オイカワ用は#1で、もしくは#0.5くらいな感覚で設計した方が良いような気がしてきました。

でも、これも楽しいですね!
ますます底なしの泥沼へ、足を踏み入れています^^;

>co-dropさん

2013年12月14日 21:17

co-dropさん、こんばんは。
このロッド、オイカワ用どころかぜんぜん渓流用ですね^^;
しかも、アクションがco-dropさん好みですよ。

今度お会いするときにでも、振ってみてください。
仕上げのダメダメはともかく、渓流では使いやすそうなアクションです。
オイカワ用はやめて、渓流の自分用にしちゃおうかな・・・^^;

2013年12月14日 22:40

こんばんは。
オイカワ用のライトラインロッド、なかなか難しそうですね。私もたまに工房渡辺のラインラインロッドを近所の川に持ち出しますが、釣り味は楽しめず、キャストフィーリングの確認だけになってしまいます。
オイカワ用だと思いきって華奢なアクションにするくらいで良いのかもしれません。振っただけで折れそうなくらいに…(笑)。

>カチーフさん

2013年12月14日 23:29

カチーフさん、こんばんは。
オイカワ用のロッドって、作るのが難しいですね・・・^^;
繊細でないと釣り味が・・・
でも、風の中でも15m位は投げたいですし・・・
その矛盾がなんとも対処できません。

次は、1番で設計して孟宗竹にしてみようかな・・・なんて考えています。

No title

2013年12月14日 23:31

けっこう、藪沢の渓魚にピッタリだったりして~♪

>oko-rocksさん

2013年12月14日 23:33

okoさん、こんばんは。

す・・・するどい!^^;
実は、オイカワ用としては失敗でしたが、渓流ではいけるアクション&パワーな気がしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。