Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode801 … 腕がクタクタ・・・

2014年 03月02日 19:11 (日)

製作中の3本。
下ごしらえが終わっていたので、昨日、今日と荒削りを始めた。


DSCN3378.jpg

一番の苦手だった「節の曲り直し」も、自分なりに少しはマトモになりつつある。
すると、切削精度が良くなってきた。
節のところでエグレたりしないから、真っ直ぐに削れるのだ^^

でも・・・毎度のことながら荒削りは荒業だ^^;

 
 
DSCN3384.jpg

今回も、3PCロッドを作っている。
今の僕にとって“アクションと携行性”の妥協点が3PC。

6スプリットX3PCX3本=54本 を削るのは、正直言ってかなり疲れる。
カンナを走らせる距離は、何ピースだろうと変わらないけど、本数で考えるとますます気が遠くなる^^;


DSCN3387.jpg

今回の3本のロッドはトンキンケーンなので、パワーファイバー層が厚くて硬い。
火が入ればさらに硬くなるので、その前にできるだけディメンションを仕上がりに近づけておきたいと思ってるけど、生の状態でも既に硬い。

刃もちを良くするために、今回は砥ぐ角度を少し上げてみた。
それでも、割ったスプリットから正三角形に削り落とす最初の工程は、切削量も多いため何度も刃を砥ぎ直す必要がある。
砥ぎも少しはマシになっているとは思うんだけど・・・

刃は二枚しか持っていないので、作業が途中で中断してしまいペースも乱れがち・・・
もう何枚か買っておこうかな。

それとも、スタンレーではなく、和式刃物と同じ作りの刃があるらしいので、そちらを試してみるか???
ステンレスのスタンレーよりも、鋼の方が刃もちはいいだろうな・・・高価らしいけど^^;


DSCN3394.jpg

とりあえず、二本分がほぼ完了(もう少し削り込む予定)。
ここまでで、45リットルのゴミ袋で2/3くらいの削りカスが出る。
ミドル、ティップなんて、捨てる部分がほとんどだから、今後もさらにカスが出る。

この二日の作業で、まだ終わってもいないのに両腕がパンパンになった。
明日から仕事なので、今日はこのあたりで止めておこう。
解禁釣行の準備もしないといけないし。

ミリングマシーンがあれば、ものの数十分で終わると聞いたことがあるけど、趣味で作る僕には元が取れないしなぁ^^;
でも、もっとたくさん作れるだろうから、楽しみも増えると思うんだけど、先立つものがね・・・^^;




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年03月02日 22:01

こんばんは

荒削りをたくさんやると腱鞘炎みたいになりますよね。
この頃はマシーンを使うので楽をさせて頂いております(笑)
自分がマシーンを使うことでいちばんのメリットは精度向上です。
火入れや仕上げが格段に変わりました。
投資もデカイけど!

>takiさん

2014年03月02日 22:08

takiさん、こんばんは。
今日は、子供たちに父の日にプレゼントしてもらった「肩たたき券」を、2枚も使ってしまいました^^;

マシーン欲しいですね・・・
きっと、倍近いペースで作れると思うのですが、なにせあの値段ですから^^;

今、複合刃を買ってみようかと悩んでいます。
スタンレーの刃って、同じ商品2枚を比べても、刃もちがぜんぜん違うのです。

2014年03月03日 06:41

ありがたや、ありがたやm(_ _)m

今度、渓流でモミモミさせていただきます(^人^)

>co-dropさん

2014年03月03日 07:01

co-dropさん、おはようございます。
マシーンが欲し〜〜〜い!!!

でも、一本ずつ作るより、三本同時に進める方が効率は良いように思うんですよね。
やっぱり、鉋の刃を変えてみることにしました。
スタンレーは、どうもバラツキがあるように感じます。
同じ人間が、同じように同じツールで砥いでるのに、なんでこんなに違うんだ!
って感じです。

2014年03月03日 08:33

たびたびすみません。

自分も鍛造の刃は使用してますが、切れ味は変わりましたが言うほど長持ちはしないです。
その変わり工夫をしないとフォームがすぐにダメになりますよ。
切れ味と刃持ちのトレードオフは刃角だと推察します。
試してみてください。

No title

2014年03月03日 09:13

おはようございます。

3本のロッドを同時進行って、もうアマチュアビルダーの枠を超えてるんじゃないですかー。
さすが、しげさんのパワーに圧倒されます。

No title

2014年03月03日 12:39

「アクションと携行性”の妥協点が3PC」…同感です。
6.6ft/2pcと7ft/3pcのロッドケースを並べると3pcのケースがいかにコンパクトか…。
ときどき間違って持ち出しそうになってしまいます…。

>takiさん

2014年03月03日 18:28

takiさん、こんばんは。
ありがとうございます、コメントを頂いたことで、注文する寸前に思いとどまりましたm(_ _)m
刃角を変えて試してみますね!

>wind knotさん

2014年03月03日 18:29

wind knotさん、こんばんは。
同じ作業をまとめてする方が、効率がいいように思えたんです。
でも、三本分の荒削りはこたえます…^^;
今年は10本は作りたいですね。

>カチーフさん

2014年03月03日 18:31

カチーフさん、こんばんは。
バストー時代は、「ワンピース以外は竿じゃない!」なんて言っていたのですが、山へ行くようになり6ピースを使い始めました。
でも、あまりにもマルチピース化してしまうと、竹の意味がうすれてしまうようで…
そこで、妥協点です^^;

No title

2014年03月04日 23:52

しげさん こんばんは

54本って気が遠くなりますね・・・
そして、ラッピングや塗装・・・
読みながら悲鳴を上げてしまいました(笑
削りカスでなんか違うもの?
ができそうなぐらいありますね。

>ナシオさん

2014年03月05日 00:01

ナシオさん、こんばんは。
渓流用バンブーロッドのティップって、だいたい1.5~1.8mmくらいだと思うんです。
1本のスプリットは5mm以上はありますから、ほとんどが廃棄になります^^;
完成までに、ごみ袋2つは出そうです。

ラッピングやその他の箇所数は多いですが、一本ずつ作っても総数は変わらないので、まとめた方が作業も速いかな?なんて思っています。
でも、ラッピングは苦手なんです^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。