Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode821 … ずっと前から思ってた

2014年 04月24日 23:49 (木)

渓流のルアーフィッシングを始めて3年目の今年。

最初から、“ず~~~っと思っていたこと”をついに^^


DSCN3966.jpg

渓流ルアーも、ベイトがいいよね^^

今シーズンの出番は何時になるかわからないけど、ついにポチっちゃった^^;
秋になって、フライに出が悪くなった頃にでも、リアクションバイトでオオモノ狙いかな・・・

 
 
DSCN3972.jpg

最新機種にすべきか?

それとも、お買い得機種にすべきか??

いやいや、“好み”を貫こうか???

結局、“好み”をとって、「シマノ カルカッタ コンクエスト 51」を選んだ。


大差ない値段で、アルデバランBFSとか買えるし、スコーピオンならもっと安く新品が手に入る。
でも、このメタリックな雰囲気も、カッチリした質感も、飽きのこないデザインも昔から好きだったんだよね^^

バストー時代の僕は、リールはどちらかと言うとダイワ派だった。
当時のダイワのベイトリールは、TD-SとかTD-Xなどのマグネットブレーキ&樹脂ボディが主流で、シマノに比べるとファジーな?使い心地だった。
そのファジーさが、雨の中や風の日などのコンディション化では、かえって気を使わなくて好きだったので、当時の僕はダイワばかりになったのだ。

そんなある時、初代のカルカッタ200を手に入れて使ってみた・・・
リールに遊びがないというか、カッチリとしているので、バスのショートバイトやスモールバイトが明確に伝わってくるのだ。
まさに、「リールで感度は変わる!」と思った。


今でも、シマノのリールは、耐久性や精度などの面で、とっても質感が高いように思える。
それは、フライリールでも同様で、フリーストーンシリーズは似たようなテイストを感じることがある。


このコンクエストシリーズは、当時、シマノ契約の田辺哲男プロが使っていて、なんだか妙にカッコ良かったんだよね~
ロードランナーに金ピカだけど^^;
僕やRyoshiさんにとっては、“Go for it!”なノリなのだ。


DSCN3975.jpg

僕は、ベイトももちろん左巻き。
右手で投げて、そのままロッドを持ち替えずにリトリーブできる。
アクションは利き腕の右手でつけるので、微妙な動きも出しやすい。
巻き取ってからも素早く次のキャストへ移行できるので、スピニングリールよりもはるかに手返しが速い。
そして、フェザリングではなくサミングでコントロールができるし、スキッピングも得意なのでブッシュ下にも打ち込んでいける。
ロッドとリールの重心位置が近いのは、手にもなじみやすく疲れにくさに貢献する。

これだけメリットがあるなら、渓流だってベイトでしょ!^^


さて、このカルコンをつけるのは自作のバンブールアーロッドを予定している。
トンキンで作ろうと竹割りまで済ませているけど、完成時期はかなり先かな^^;


【追記】
渓流用ミノーやスピナーなどの軽量ルアーと、新旧も含めてベイトリールの相性や、今後のチューンナップパーツなどについて、とっても詳しく書かれたブログ様を参考に最終的には機種決定をしました。
詳細な情報をありがとうございましたm(_ _)m



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

わ~~渓流でベイト!

2014年04月25日 19:59

こんばんは、流石プロだね~~(^^♪

自分にはとても手に負えないな~~(笑)
ルアーの頃にフィリップキャストを懸命に練習したことが有ったな(笑)

ルアーは、コントロールが難しいので・・・・(-_-;)

>アダムスさん

2014年04月25日 20:57

アダムスさん、こんばんは。
ベイトはもう、身体の一部のように馴染んでいます^^;
12歳の頃から30年くらい使っていましたから。
右でも左でも投げられるのと、スキッピングでブッシュの下のわずかな隙間の奥に入れ込むのが大好きだったんです。
渓流ルアーはバス用より軽いので、同じようにはいかないと思いますが、慣れれば強い味方になるはずですよね^^

ついに・・・

2014年04月25日 21:26

買っちゃいましたね~。
ぜひ”キープ キャスティング”して下さい。(^o^)

2014年04月26日 06:22

おはようございます。

なんのことだかさっぱり・・・(^ ^;
秋の喰い渋りの時を楽しみにしています(^-^)

>Ryoshiさん

2014年04月26日 09:11

Ryoshiさん、おはようございます。
このリールで釣れたら、
「う~ん、healthy!」とニッコリします。
このネタわかる人は、30年前からバスやってる人だけだね・・・^^;

>co-dropさん

2014年04月26日 09:14

co-dropさん、おはようございます。
変なネタばかりですよね・・・^^;
秋の食い渋り、今年はリアクションバイトで食欲とは別の面から魚を刺激してみます^^

こんはんは

2014年04月26日 20:16

しげさん
こんばんは。
軽いものほどベイトリールのとくい分野だと私も思います。昔、バスをやっていたころ、フィネスの釣りではこのリールの前身にあたるのではとおもいますが?
カルカッタの50XTという小さなベイトリールで管釣りのニジマスを楽しんでいました。
もう15年以上まえのように思います。
まだしまってあるのえすがいまだに使えるくらいの精度のある立派なリールですよ。ふとこのリールをみて思い出しました(笑)

>ジョニーさん

2014年04月27日 14:56

ジョニーさん、こんにちは。
カルコンは、カルカッタXTの後継機種みたいです。
ギヤ比なとが違うようですが、基本的な部分はよく似ていますよね。
まずはオリジナルのまま使ってみて、さらにフィネスするなら別売スプールを組み込もうと考えています^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。