Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode831 … モノは試しに・・・

2014年 05月10日 14:12 (土)

試してみる価値はあるかな・・・と、またもポチッとやってしまった(; ̄O ̄)


DSCN4255.jpg

でも、装備が軽く、コンパクトになることは間違いないと思う。
(自己弁護^^;)

 
 
DSCN4226.jpg

これまで、渓流釣りや山歩きに行くときは、EPIのシングルガスストーブを使っていた。
コンパクトで火力も十分、コーヒーを飲んだり、カップ麺や乾麺を茹でたりとても重宝している。

暖かい飲み物や食事は心身ともに休まるし、僕は冷たいものを飲むとお腹が痛くなりやすい体質なので、夏でも常温か温かいものしか飲まないのだ。
そういう意味でも、ストーブは必須アイテムになっている。

このストーブは、トランギアのケトルの中に本体と箸がピッタリと収まるのも気に入っていた。
あとは、ガスのカートリッジ(一番小さいもの)を持っていくだけなので、ザックの中でも場所をとらない。


DSCN4229.jpg

ところが、度重なる吹きこぼしや雨の日の釣行で、ガスの調整ネジに錆が出ている。
これまでにも何度か固着してしまい、その都度、潤滑油などを垂らしながらゆっくりと回し、どうにか治して?騙し騙し使っていた。

先日のGWキャンプで、またも固着してしまい、いよいよダメかと思うほど回らなくなってしまった。
もう限界?と修理をお願いしようと山屋さんで聞いてみると、『修理費は、新品を買うのと大差ない金額になるかも・・・』とのこと。
ちなみに新品は、ネットショップでも8,000円以上もしてしまう

もう一度・・・と、今回も潤滑油を染み込ませ、慎重にゆっくりと回してなんとか動くようにした。
でも、はたしていつまで大丈夫なのか???

山で使っているときに、ガスを止めようとつまみを締め込んだら、ボロッとねじ切れてしまったら???
ガスを使い切って消えるまで、“どうにも止まらない♪”なんて、シャレにならん^^;
そんな何十分も何時間も待てるほど、気の長い性格ではないし・・・^^;


まあ、これも何かの機会だと思い、新品購入にかかる値段を上限に各種ストーブを物色してみたところ、これまでのガス式とは違った「アルコールストーブ」に目が止まった。
構造もシンプルで壊れようもないし、なにより小型で軽量らしい。
火力はガスの方が強いだろうけど、メリットもあるな・・・

思えば、ガスのカートリッジって不便なこともある。
詰め替えアダプターも使っているけど、僕の部屋には空き缶がゴロゴロある・・・

とは言っても、ガス式は総合力で優秀だと思う気持ちは変わらないので、子供たちとのキャンプなどではこれまで通りガス式を使い(EPIの少し大きなタイプを別に持っている)、釣りや山歩きにはアルコールストーブを使い分けたらどうだろうか???と考えた。


DSCN4231.jpg

どうせなので、ちょっと奮発しちゃった!

「EVERNEW EBY255 Ti DX SET」というチタン製のアルコールストーブを買ってみた。
燃料アルコールと、ナルゲンの容器を合わせても、6500円以下で済んだ^^;

このストーブ、とっても小さくて軽い。
総重量は、なんと86g!
ストーブ本体は、34gしかない!!!

真鍮製やステンレス製もあるけど、僕は軽さを一番にした。


DSCN4236.jpg

箱から取り出すと、こんな風に収まっている。
思った以上にコンパクトで驚いた!
ガスのカートリッジよりも小さいのだ。


アルコールストーブは、アルミ缶などで自作できるそうなので、最初はいろいろと調べてみた。
すると、ネット上でとても詳しく説明されていた。
アルミ缶製ならば軽量だし、作る面白さもあるだろう^^

でも、今の僕には作る時間はない。
釣行に合わせてフライも巻かないといけないし、ロッドも作りたい・・・
優先順位からすれば、自作は先の話になるだろう。


DSCN4250.jpg

ストーブ本体は、こんな感じ・・・マグカップにも入るような大きさだ。
本当に、こんな小さなものでお湯が沸かせるのだろうか???
と不安になるほど^^;


DSCN4252.jpg

本体の内側には、燃料のアルコールの量がわかるように目盛がついていた。
水300ccを沸かすなら、アルコールが△△ccで、沸騰まで○○分・・・とか目安にするらしい。
山で使う前に、テストする必要がありそうだ。

この目盛付きというところも、この製品を選んだポイントになった。


DSCN4243.jpg

本体に、直接ケトルやカップを乗せても使えるし、板を2枚組み合わせる五徳も販売されている。
でも、アルコールストーブは風に弱いらしいので、五徳兼風防が付いているこの製品にしてみた。
本体はこのように納まり、屋外でも燃焼しやすいそうだ。


DSCN4240.jpg

横から見るとこんな感じ・・・

ちなみに、この五徳兼風防は、ストーブを取り出して小枝などを燃料に“ミニ焚火”もできると取説に書いてあった。
でも、このスペースに入る枝の量ではどこまで使えるのかな???^^;
燃やしている途中で、薪(小枝)の追加もしにくそうだし。


DSCN4247.jpg

最後に、このメッシュのプレートを被せると、さらに燃焼効率が高まり、速くお湯を沸かすことができるらしい。

このエバニューのチタン・アルコールストーブは、他のアルコールストーブに比べると熱量は高いものの、燃費が悪いとネット上には書かれていた。

でも、僕はほどほどな時間で休憩は切り上げて、さっさと釣りを続けたい。
ノンビリと食事を楽しむというタイプの釣り人じゃないので・・・^^;

なので、燃料を倍も持っていかなくてはならないようだと話は別だけど、多少の燃費の悪さなら気にならない。
それよりも、速くお湯が沸いてくれた方が良い。

『それならガス式の方がいいんじゃないの???』と言われそうだけど、このコンパクトさや、残ガスカートリッジのわずらわしさから解放されるのは嬉しいのだ。

次回の釣行では、さっそく使ってみよう^^


エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブスタンドDXセット
エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブスタンドDXセット













スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年05月10日 20:16

こんばんは。

思っていた以上に本格的ですね!これはいいなぁ(^-^)
間近で拝見するのが楽しみです!

No title

2014年05月10日 21:03

 性能確認楽しみにしています

>co-dropさん

2014年05月10日 21:05

co-dropさん、こんばんは。
荷が着いたとき、ダンボールの梱包を持ったら空箱に思えるほどでした^^;
問題は、火力ですよね。
ガスほどではないようですから…
次回の釣行で、いじってみてください^^

>jetpapaさん

2014年05月10日 21:08

jetpapaさん、こんばんは。
実際に山で使ってみないとわからない点ばかりです^^;
ここはいつも通り、実戦でテストしてみます。
お付き合いのほど、宜しくお願いしますm(_ _)m

No title

2014年05月11日 00:24

ロッドメイク時にあると便利なアルコールランプと燃料が一緒なのも地味に高ポイントですよね。

マニアック

2014年05月11日 00:41

ブログにUPしましたが,
木工館で作業してきました。担当職員さんに言われました。
「連休明けや2月頃に来られるかたは,
マニアックな方が多いですねえ。」
と・・・

ぼくはマニアックなんでしょうか?


>ダブルさん

2014年05月11日 01:34

ダブルさん、こんばんは。
アルコールランプの燃料は、これと同じだったんですか・・・
恥ずかしながら、知りませんでした^^;
ランプを買えば、そちらも直ぐに使えますね。

>リョウさん

2014年05月11日 01:35

リョウさん、こんばんは。
う〜ん…お会いしたことないから、わかりません^^;

No title

2014年05月11日 07:20

おはようございます。

アルコールストーブもチタン製となると驚異の軽さですね。
釣行の楽しみがまた増えたのでは?

>windknotさん

2014年05月11日 08:01

windknotさん、おはようございます。
軽さと丈夫さの兼ね合いからチタンにしてみました。
バンブーのフェルールもチタン製があったら面白いですよね^^;
今日、家の前でテストして、次は山で使ってみます。
楽しみです^^

No title

2014年05月12日 09:29

おはようございます^^

うーん、一瞬らしくないチョイスだなぁと思いました(笑)が、
エバニューを選んだあたりは、しげさんらしいかもです(笑)。
でも単純に、かっちょいいですね~^^。私も欲し~い!。

問題は火の調節(途中で消せない)と、本体や風防の(使用後の)
熱冷ましですかね。私はのんびり使うのでそれほど困ったことは
ありませんが…。
あと屋内と屋外ではアルコール消費量が明らかに違うので、テスト
は屋外で行った方がよいと思います。風の有り無しでも結構違います。

とはいえ、意外に火力があることに驚かれると思いますよ^^。

>farwaterさん

2014年05月12日 17:27

farwaterさん、メールでもいろいろとアドバイスをありがとうございましたm(_ _)m
実際に愛用されている方のご意見は、説得力がありますね。
昨日、自宅前でテストしようと思ったのですが、バタバタしていてできませんでした。
明日、ぶっつけ本番してきます^^;

荷造りをしていて、やはりガスよりもコンパクトなのは気に入りました。
風防も含めて、ほぼケトルに入ってしまいますね^^

思えば、高校生の頃は山に行くときに、缶入りのアルコール固形燃料を持って行きました。
それでご飯も炊いてましたから、火力はあるのでしょうね。

改めて・・・

2014年05月13日 17:27

しげさんの釣行記を読んでいると,やっぱり軽さが一番というのがよくわかります。ぼくなんか車で行けるところなので,JETBOILを使っています。お湯が沸くのがめちゃめちゃ早いです。

それにしても,なんであんなコメントを送ったんやろ?
すんません,酔っ払っていたようです。


>リョウさん

2014年05月14日 08:25

リョウさん、おはようございます。
軽さはもちろん、火力も想像以上でした。
あとは、春の雪が残る時期に使えるのかな?とかわかりません。
風除けもないとダメでした^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。