Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode835 … 釣行の合間に

2014年 05月18日 17:07 (日)

フライフィッシングも最盛期!
でも、残念ながら、釣りは毎週行けるわけじゃない・・・

あの渓へ持っていこう!
という想いから、釣りの合間にロッドを作っている。


DSCN4401.jpg

苦手な(嫌いな)作業はこの後に続くけど、ここまで来ると完成も見えてきてヤル気も起きる^^;

 
 
DSCN4406.jpg

現在、製作中の2本のうち1本はカーボン印籠継ぎ。
これまで何本か作ってきたので、作り加減も少しはわかってきたつもり・・・

過去の5本のカーボン印籠継ぎは、見た目は同じように見えるけど、中身はすべて違っている。
印籠芯の形状、差し込み深さ、隔壁の厚さ、補強巻き、接着剤・・・などなど。
作って、魚を釣って、NGなところを次作で改善しつつこれまでやってきた。

今回の印籠継ぎも、前回の反省から仕様を変えている。
そしてこのロッドの次の1本も、きっと変わっていくに違いない。


DSCN4409.jpg

そして、初の試みも!
メタルフェルールを採用してみようかと。

ある日、誰かが、バンブーロッドを作ろうと思い立ったら、最初は市販のメタルフェルールを使うのが一般的なんだろうと思う。
でも、僕は、カーボンフェルール(2枚合わせ用 スリップオーバーフェルール)から始めた。
これは、節間ノードレスなロッドから入ったので、当然ながらマルチピースになることによる。
メタルFで5pcとか6pcにしてしまうと、バットはどれだけ太くすればよいのだろうか???
自重もそれなりに重くなってしまうだろうし・・・

でも、最近は節有で3ピースくらいに落ち着き始めている。
携行性とアクションの妥協点ということで・・・
しかも、ここ数本はトンキンケーンのロッドなので、7feet以下でカーボン印籠継ぎだとアクションが軽くなる傾向があった。

そこで、メタルってわけ。
でも、1本数千円もするようなフェルールを、2個も買うなんてとてもできない。
失敗したらどうしよう???なんて考えてしまう。
もっと上手く作れるようになったら、自分へのご褒美に市販品を買ってみようかな。

そこで、今回は真鍮パイプで自作してみた。
kawagarsuさんのロッドも真鍮パイプフェルールだったので、実物を参考にすることもできる。
また、ネット上でも何人かの方が製作方法を公開されていたので助かった。

ただし、偏屈オヤジとしては素直に真似できず、オスメスの作りを入れ替えてみた。
メタルで拘束される範囲が少しは短くなるかな・・・なんて。


DSCN4421.jpg

そして、いつものとおり“黒染め”で!
この青味がかった色合いが、どうにも好きなんだよね~^^

これまでも、シートのリングは染めていたけど、フェルールは初めて。
染め方については、今回もtakiさんにアドバイスをいただいた。

takiさん、いつもありがとうございますm(_ _)m
なんとか染まりました^^


DSCN4422.jpg

そして、フェルールの加工が済んだところで、ブランクの塗装へ・・・
今回も“かけ流し塗装”で。

前回、初めてやってみたけど、意外にいい感じ^^
でも、今回は塗料を変えてみた。
より強く、塗膜も薄くカッチリといくように・・・

まずは僕のロッドで試し、大丈夫そうなので使っていただくテストロッドにも施す。
写真は1回目の塗装が済んだところで、あと2回の予定。


DSCN4426.jpg

塗装が終わったら、フェルール、グリップ、そして苦手なラッピングだ^^;

ちなみに、差し上げるロッドは、“明るめのオリーブ”のスレッドなので、ハードウェアもクロームガイドにメープルタイガーシート、真鍮リングにしてトーンを合わせてみようかと。

一方、僕のロッドはオール黒染めでアダルトなロッドに。
スレッドはシースルーでスケスケにして、ちょろっと赤で飾り巻きでも入れようかな・・・^^;

完成まで、あと20日???



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

昨日いってきましたよ

2014年05月18日 17:25

こんにちは。

釣りに作竿に充実してますね!

jetpapaさんとの、釣行拝見しました。
よくある、岩魚の気まぐれにあったようですね。一般にヤマメより簡単に思われる岩魚釣りですが、様々な現象に遭遇して行くと、増々岩魚の渓に吸い寄せられてしまいます(^^;)

昨日GGさんという新しいFFマンと同行してきました。自分と
同級の方ですが、昨年の清掃活動でお会いした時の約束を果たして
きました。新規開拓が無類に好きという強者でした。

どんどん進化されてますね

2014年05月18日 18:04

すごいですね,しげさん。
とうとう金属フェルールですか。
それもお手製なんですね。
経験と理論で攻めていかれるあたり,
たいしたものですねえ。

フェルールといえば,僕が属する毛鉤倶楽部の代表は,
あのHARIKI FERRULEの榛木さんなんですよ。

>oldflymanさん

2014年05月18日 18:41

oldflymanさん、こんばんは。
よりによって、仲間を案内した時にタフらなくても…と思いました。

昨日の釣行記、楽しみにしています。
クラさん掲示板で読んだのですが、何処も人が多かったとか…
鮎が始まれば、少しは落ち着くのでしょうかね^^;

僕も次回は新規開拓してきます。
渓流釣りは、残念ながらキャッチ&リリースどころか根こそぎというのがありますよね。
他の釣りでは、ここまでのことはないです。
昨日までのパラダイスも、明日はどうかわかりません。
そう考えると、この釣りを続けていく限りは、新たな渓を探し続ける必要があるように感じるこの頃です。

リョウさん

2014年05月18日 18:42

リョウさん、こんばんは。
進化というか、行ったり来たりです^^;
自作のメタルフェルールは、何本か作ってみてやっとコツがわかりました。
お金も時間もあれば、遠回りしなくてもすむかもしれませんが、僕にはないので続けられる方法を自分なりに探さなければ…と思います。

ハリキフェルールの高精度、素晴らしさは世界的にも有名だそうですね。
でも、今のペースで作るには、価格的に厳しいです^^;

2014年05月18日 21:01

こんばんは。

素晴らしい、を通り越して、驚きに近いという感想です(*_*)
どんなことでも毎回チャレンジされいますね。
全く敵いませんm(_ _)m

No title

2014年05月19日 01:48

>オスメスの作りを入れ替えてみた。

最初読んだ時、イメージが湧きませんでした。
通常の金属フェルールを印籠継ぎタイプ
(ブランクよりもオスが細い)とすると、
しげさんのはスリップオーバーフェルールタイプ
(ブランクとオスの太さが同じ)ってことでいいでしょうか。
強度的にメリットがありそうですね。

>co-dropさん

2014年05月19日 07:02

co-dropさん、おはようございます。
いえいえ、単なる凝り性なだけで…^^;
あとは、渓流釣りではバンブーR以外では今の釣りが出来ません。
多分、グラファイトRなら、釣果は1/3に落ちるでしょうね…メンディングもキャストもやり取りも同じようにできませんから。
でも、バンブーRを何本も買える財力がないだけです。
作るしかありません^^;

>ダブルさん

2014年05月19日 07:03

ダブルさん、おはようございます。
そうなんです、スリップオーバーです。
このアイデア、プラントFさんが試作してましたが、彼の竿にはメタルFは合わなかったと聞いています。
今回、いただいた試作品を参考に、自分なりにいじってみました。
真鍮パイプで作る場合ですが、印籠タイプよりもフェルール全長が短く、軽く、強度も上がります。
ただし、見た目はゴツくなりますが…^^;
製作時間は5分、黒染めに5分です^^v

2014年05月19日 07:51

メタルフェルールまで自作されるとは驚きました。さすがですね。
フェルールやガイドも含めたブランク全体の重量(というか、どっしり感?)が適度にあるほうが、私自身はメンディングやロールキャストなどもやりやすいように思います。ますます興味津々です。

>カチーフさん

2014年05月19日 18:02

カチーフさん、こんばんは。
真鍮パイプのフェルールは、大まかに言えば切って接着するだけで、実は、“作る”というほどではないのです^^;
先輩方のノウハウをパクっただけです。

まったく同感です!
バンブーRにおける自重というかカウンターウェイト効果は、かなり重要な要素だと思います。
かつては、「軽い方が良い」と盲目的に軽さを重視したのですが、そんな単純なものではないことがわかってきました。
フェルール、ガイド、シートフィラーなど、重さが良い意味でも影響しますよね。

拙ブログへ,コメントおおきに!!

2014年05月19日 21:10

しげさん,コメントおおきに!!

このネットのグリップ,木枠から悩んだんです。

ぼくの本命ネットだったんです。

http://blog.murablo.jp/kotyo/kiji/323763.html

でも,もう1本分の材料はありますから,

また作ります。

尺すくってくださいな。


>リョウさん

2014年05月19日 21:39

リョウさん、こんばんは。
いろいろと想いの詰まったネットなのですね!
大切に使わせていただきますm(__)m
でも、尺はなかなか釣れません^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。