Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode838 … #013 ZERO 7003-3

2014年 05月25日 21:05 (日)

今年の2月から作り始めた二本のバンブーロッドのうち、一本が完成した。
前回のBurning Redは#011なのに、今回は#013・・・なぜ???

Cさん、ゴメンね~m(_ _)m
メタルフェルールの方が工程が少ないので、追い越して先に仕上がっちゃった^^;
来月の釣行には、#012が完成してるのでもう少しお待ちを・・・・・


DSCN4505.jpg

 
 
まずは、恒例のスペック確認。

 ・ 長さ         7’0”
 ・ 番手         #3
 ・ 重量         85g
 ・ 継ぎ         3ピース(真鍮パイプフェルール・黒染め)
 ・ 参考テーパー   Leonard38
 ・ 材質         トンキンケーン
 ・ 構造         一般構造、六角ブランク
 ・ 塗装         ウレタン塗料かけ流し(2回)
 ・ グリップ       先細シガー
 ・ シート        自作真鍮金具(黒染め)、花梨瘤フィラー(ウレタン塗装)
 ・ ガイド        よろずやループトップガイド、PBスネークガイド


1.全体

DSCN4506.jpg

今回も3pcロッドだ。
渓流用フライロッドにおける、アクションと携行性の妥協点を今も探している。
3~4pcあたりがベターかな・・・と、最近は思いつつある。
でも、まだよくわからない点もあるので、引き続きテストしてみようかと。

バンブーロッドのしなやかさは好きだけど、わりとカッチリ・シャープな“張り”も好み。
「矛盾している…」と言われそうだけど、言葉では上手く表現できない微妙なバランスというか、“好きな振り心地”があって、それを目指している。
そのため、火入れは、強めにしっかりと施した。
(ややムラになった・・・^^;)

結果的に、ブランクカラーは濃いめの色合で、地味な外観。
仕上げも下手なので、美しさ、華やかさはない^^;
でも、僕はシンプルで機能的なものに魅力を感じるので、地味系でも不満はないのだ。

このロッド、はじめはGarrison201の3pcメタルフェルールver.とする予定だった。
でも、韋駄天Ⅱで参考にしたLeonard38のアクションも好みだったので、火入れ後に急遽変更。
Leonard38は、ティップが繊細なわりにバットが太く強い。
さらに、メタルフェルールの3pcと相まって、85gとやや重くなってしまった。
このあたりは、3pc化のデメリットではないかと感じている。
本来のLeonard38とはかけ離れてしまっているのかも。


2.フェルール

DSCN4513.jpg

自身初のメタルフェルール。
メタルフェルールは高価なので、これまでは手が出なかったのだ。
今回は、真鍮パイプを組み合わせ、黒染めして自作してみた。
(プレントFさん、材料をくださりありがとうございましたm(_ _)m)


DSCN4514.jpg

継いでみると、こんな感じ。
出来る限りコンパクトにして、ブランクが曲がりやすいように、重くなり過ぎないようにしてみたつもり・・・
こうして写真で見ていたら、次回への改良アイデアが浮かんできた^^

真鍮パイプフェルールの自作は、勝手がわかれば意外と短時間でも作ることができる。
ただし、パイプ内径が1mmピッチなので、継ぎ部分のデイメンションによってはブランクに過度な負担がかかってしまう。

そういう意味では、今回はテストモデル。
念のため、トップ側フェルールの直近にガイドを取り付けるように設定しているけど、自分で渓流で使い倒してみて、折れるようなら再考したい。


3.ラッピング・ガイド

DSCN4518.jpg

フェルール部分、トップガイド、グリップ先端、尺ゲージは、淡いオレンジにしてみた。
その他のガイドフットはすべて生成りのシースルーなので、ラッピングミスも目立たない・・・^^;

ガイドはいつもの黒染めで、今回はストリッピングガイドもリングではなくスネークにしてみた。
強めの火入れと合わせて、某釣り具店主さん(P.Young他バンブーロッドにとてもお詳しい)に教わった。


DSCN4524.jpg

グリップは先細のシガー。
また、今回はコルクリングを1個追加して11個を試してみることに。
(これまで、渓流用は10個で作っていた。)
僕は手が大きく指が長いため、10個だとちょっと短かった???

また、インデックスフィンガーで握っているけど、ブランクを指で軽く触れた状態で釣りをしている。
このロッドはバットのディメンションが太いこともあって、細いシガーの先端をブランクへすり付けた。

グリップ径は、最大約20mmと細めにしている。
一般的な市販のシガーグリップは、約23mmくらいあると思うので、それに比べるとかなり細めにしている。
3mmの差は、実際に握ると大きい。
これも僕の個人的な好みだけど、渓流用フライロッドは細めのグリップの方が繊細なコントロールがしやすい。
遠くても15mまでの射程距離なので、パワフルなグリップ感は求めていない。


DSCN4531.jpg

シートまわりは花梨瘤のフィラーと、黒染め真鍮金具のコンビネーション。
ブランクカラーを濃いめにしたので、色の強い花梨でまとめてみた。

バットピースだけで約60gほどの重さがある。
金具をアルミに、フィラーをコルクにすればそれなりに軽量化できるかも。
でも、リールをつけて釣りをするには、バランス的には悪くない。
このあたりも、今後のテスト結果で方向性を決めていくつもりだ。

さて、このロッド、今週の釣行で卸してみようと思う。
数ヶ月の苦労が報われるのか???
それとも次をすぐに作る必要が出てくるのか???
どうなることやら・・・^^;




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年05月26日 06:41

おはようございます。

ZERO完成おめでとうございます。
渋くてカッコいいです(^-^)
メタルフェルールも良い感じですね。

やはり一本を作るのには、時間と労力が掛かりますね。
僕は待っているだけで申し訳ありません(^-^;

>co-dropさん

2014年05月26日 07:18

co-dropさん、おはようございます。
すいませんm(_ _)m
追い越してしまいました^^;
Perf…は、あと4日ほどの作業ですので^^
こちらはバットが細いので、ロッド全体がしなりますよ!
Leonard38とは、全く別の方向性をもつロッドですね。

自作フェルールはやはりゴツいです。
手元に、頂き物のニッケルフェルール(旋盤加工)がありますが、こちらはとっても繊細です!
メタルFとトンキンの相性がいいことはわかりましたが、こうしたことを考えると今後はどうしようか迷います。
マルチピースでハリキさんとかポチってしまいそうで怖いです。
諭吉さんが…^^;

No title

2014年05月26日 09:13

「地味な外観」だなんて言えませんよ!素晴らしい!!
細身に仕上がったコルクグリップもいいですね ♪
レナードのテーパーはワタシ未体験。いつか振らせてください。
次の釣行レポ待ってます!

No title

2014年05月26日 10:07

おはようございます^^
シックでいい感じですね~。大人のロッドという雰囲気^^。
花梨のシートが高級感を醸し出していますね。

No title

2014年05月26日 16:34

こんにちは。

ロッド完成おめでとうございます。
黒染めの金具は渋く高級感がありますね。
3Pで携行性もよくて源流の大イワナもしっかりしたバットで引きずり出せる、という感じでしょうか。
実釣レポートが楽しみです。

>oko-rocksさん

2014年05月26日 17:45

oko-rocksさん、お褒め頂きありがとうございますm(_ _)m
Leonard38は、okoさん愛竿のP.YoungのMidge、Perfectionistとは全く方向性が違うアクションに感じます。
Youngさんはミドルが強くバットがしなりますが、Leonardさんはバットが強く、先半分がよく曲がります。
楽しすぎます^^

そちらへ釣行する機会ができましたら、ご一緒させてください。
そして、振ってみてください^^
近々、テストしてきますね!

>farwaterさん

2014年05月26日 17:47

farwaterさん、こんばんは。
今回は自分用なので、好みのデザインにしてみました^^
こんな感じのダークな雰囲気が好きなんです!
花梨は、ヤフオクで格安で出ていたのを落札したものですが、ちょうどいい色合いと考え使ってみました。
次回のロッドはRyoshiさん用のGarrison196で、既に荒削りまで済んでいます^^
farwaterさんの201より僅かに短く、ライトなアクションのようです。

>windknotさん

2014年05月26日 17:48

windknotさん、こんばんは。
>源流の大イワナもしっかりしたバットで引きずり出せる、という感じでしょうか。

鋭いですね!大正解です^^
ヤワいロッドは魚が暴れませんが、ヘビーカバーでは突っ込まれて獲れません。
そんなことが何度かありました。
問題は、僕には大岩魚を掛けるまでが難しいということです…^^;

ぼくも同じです

2014年05月28日 21:17

>僕は手が大きく指が長いため、
>10個だとちょっと短かった???

はい,ぼくも同じです。

インデックスフィンガーですから,

手のひら下部がリールをとめる金具に当たり,

何度かリールが水中に・・・

となっていましたわ。

業務連絡です。

あと3日で,ランディングネットが完成します。




>リョウさん

2014年05月29日 06:53

リョウさん、おはようございます。
昨日、渓流で入魂してきましたが、僕には11個でちょうどいい感じ(違和感がなかった)でした^^
ランディングネット、ありがとうございますm(_ _)m
楽しみにしてます。
リョウさんのロッドは、もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。