Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode853 … うちの旦那はどこへ???

2014年 07月02日 23:50 (水)

明後日、渓流釣りに出かける予定だ。

深夜に出発して夜明け前から歩き、早朝から入渓して釣り上がる。
そして午後のほどほどの時間には再び戻り始めて、日が暮れる前には余裕をもって車へ到着する。
いつもの僕の渓流釣りのパターンだ。

でも、山の中では何が起こるかわからない。
もちろん、そんな不測の事態に陥っても、できる限り対応できる準備はしているつもり。
それでも、どうにもならないことが起こらないとは限らない・・・

そんなときのために、僕はこんなことをしている。

 
 
IMG_20140702_0002.jpg

こんなシートを作って、家の玄関にあるコルクボードへ貼り付けて出かけている。
ルートがわかりにくい場合には、これに国土地理院の地形図にマーキングしたものを付けている。
僕が釣りに出かけて、夕方になっても“これから帰るメール”がなかったとき、このシートの情報を活用してくれと伝えている。

以前は、「○○県の△◆川へ行ってくるね!」と言って出かけていた。
でも、『それって何処にあるの???』と言われた。

まあ、当然だよね・・・^^;
渓流釣りをする人じゃなければ、川の名前を聞いてもチンプンカンプンだろうし、いわんや支流の支流なんて・・・
さらに、国土地理院の地形図に載ってない沢なんて、山にはたくさんある。
そこで、こうしたシートを作って書き残している。

もしも、同行者も含めて怪我などで身動きが取れなくなったり、二人して道に迷って遭難したりしたら、誰かに見つけてもらわないとヤバいことになるかもしれない。
そんなときに、このシートは少しでも役に立つと思うのだ。

登山には、登山計画書というのがあり、提出が義務付けられている山もあると聞く。
でも、僕らの行く渓流釣りでは、公的な機関に計画書まで提出する必要性があるかと言われればちょっと疑問なので、代わりにこんなことを始めた。


そんなわけで、僕が行く釣り場の詳細を世の中で一番よく知っているのは嫁さんなのだ^^;
でも、本人は釣りなんてまったく興味がないので、『ええ~~~!あんな所で釣れるの???』なんて驚かれたことすらない。
多分、読みもしていない・・・^^;


そして、釣り仲間の皆さんへお願いがあります。
もしも、うちの嫁さんから『旦那が帰ってこない!』という電話があったときは、その釣り場の何処の、どの辺りにいそうなのか、教えてやってください。
そんな電話がかかってきたということは、貴方をシートの「6.その他の連絡先」に、僕が勝手に記載したのです。
捜索のために、ご説明をお願いしますm(_ _)m

でも、このシートが役に立つ機会がなく、これからも“ゴミ箱行き”になるよう安全に楽しんでいきます・・・^^



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年07月03日 10:19

先日はお疲れ様でしたm(_ _)m
今度、アクセス番号教えて下さい。
計画書を貼って行くんですか!?
安全の為には良いことですよね。
バンブー、いいっすよね。欲しくなっちゃいますよ。ドライでの釣り用に1本欲しくなりますよ。

No title

2014年07月03日 16:00

こんにちは。

コレって重要ですよね。ワタシも実践しなくちゃなぁ。
このシートを参考にさせていただきます m(__)m

>しんしょうさん

2014年07月03日 17:52

しんしょうさん、こんばんは。
先日は、こちらこそありがとうございましたm(_ _)m

僕が行く渓は、一年間に10人も入らないような秘境?ばかりです。
事故ったら、捜索ヘリでもなかなか見つからない谷間なので、命を落とすかもしれません( ̄◇ ̄;)
なので、もしものために詳細な場所を記して出かけています。

パスワードは、以前は何人かの方にお伝えしていましたが、今は広げていません。
理由は、僕が開拓した渓は極わずかで、先輩方が大切にしている渓を教えていただいたのがほとんどだからです。
僕が勝手に拡散することは、仁義に反するように思うのです。
そんな事情をご理解くださいm(_ _)m
ごめんなさいm(_ _)m

かわりに、一緒に山へ源流釣りに行くことはできますよ^^

>oko-rocksさん

2014年07月03日 18:00

oko-rocksさん、こんばんは。
以前、釣り仲間のミサさんに教わりました。
『山で腰から下を怪我したら、命にかかわるよ…』
たしかに、怪我した足で道なき道を10kmとか歩いて帰れないですし、いわんや高巻きやヘツリなんて…( ̄◇ ̄;)

でも、何も記録がないと探しようもないですよね。

滑落して亡くなった釣り人の話を聞いたことがあります。
両足を折り、身動きが取れなくなって一週間目に亡くなったそうです。

No title

2014年07月03日 21:38

こんばんは(^^♪
先日は、久振りの釣りで楽しかったです。

これは、絶対に必要だよね・・
今は携帯が有るからまだ良いけど、自分の時代はヤバい事も結構有った。

なにせ、ネットも無かったし携帯も無かったしね~~

渓流釣りは、山登りよりヤバイんだよね、自分は若い時は結構源流に入っていたからなおさら・・・
奥方から、源流に行くなら離婚だ!
と言われたことも・・・(笑)

しげさんも、ほどほどに・・(爆)

>アダムスさん

2014年07月03日 22:15

アダムスさん、こんばんは。
こちらこそ、久しぶりにお会いできて嬉しかったです^^
子供たちには、ノットをしっかり教えておこうと思いました。
じゃないと、話もできないし^^;

それと、帰ってから魚をさばくのを教えてみました。
そしたら、丁寧に残さず食べてましたよ。
命をいただくことを、少しわかってくれたようです。

>渓流は登山より…
これは、知り合いの登山者も言ってました。
『俺たちは道を歩くけど、釣り人は道がないよね…』だそうです。

明日も天気が危ういので、源流はやめて里っぽい川にします^^
アドバイス、ありがとうございますm(_ _)m

PS.ハゼも行きましょうね!

これ大事

2014年07月03日 22:40

こんにちは

計画書
これ大事です。

私は、元山屋なので登山計画書は幾度となく書きました。
それの名残か、釣りに行くときはかみさんに予定している沢の名前をメモして渡しています。帰ってこなかったりここを探してちょうだいね、てな感じです。

安全第一で楽しんでます。

>自転車通勤人さん

2014年07月05日 07:46

自転車通勤人さん、おはようございます。
返信遅くなり、失礼しましたm(_ _)m

そうですか、登山をされていたのですね!
このシート、まさに、登山の計画書も参考にしました。
なにもないと、広くは何処の県なのかもわかりませんし、埼玉県、群馬県と言っても漠然として探しようもないですよね。
身動きが取れなくなり、救助を待つときは、それこそ一時間が生死の分かれ目になるかもしれませんよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。