Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode868 … “見えること”は、“釣れること”

2014年 08月10日 18:12 (日)

ここ数日間、台風の迫る山中で合宿?していた・・・^^;
その間に、ナチュラムから送料無料期間中に注文していた“モノ”が届いていた。


DSCN5480.jpg

思うところあって、お試しの一品!

 
 
DSCN5477.jpg

よつあみ ニトロン トラウト フラッシュV」というルアーラインだ。

このニトロンと言うライン、バストー時代にはとってもお世話になった。
DMVナイロンという耐摩耗性のラインで、擦れや傷にめっぽう強い!
コンクリートブロックや鉄骨が複雑に沈む霞ヶ浦のハードカバー周りで、何度もビッグフィッシュを釣らせてくれた。
サンヨーナイロンのアプロードシリーズも絶対の信頼を寄せているけど、このよつあみニトロンも勝るとも劣らない・・・

当時、使った感触としては、ニトロンの方が張りが強い感じで、アプロードの方がしなやかだ。
今回のこのシリーズはどうだろうか???


DSCN5486.jpg

なぜ、今回このラインを買ってみたかというと、この“スーパーフラッシュオレンジ”という色が欲しかったのだ。
そして、このラインは、渓流のルアーフィッシングで使ってみようと考えている。

これまでは、アプロードのPINKを使っていたけど、より視認性を高くして、ルアーの軌跡を見えるようにしたいというのが狙いだ。

これは渓流ルアー初心者の僕だけかもしれないけど、「渓流のルアーって、今、ルアーの位置がどのあたりなのか???」ということがわかっているか否かで釣果に雲泥の差が出るように思う。

岩や倒木など、そのギリギリを通したり、かわしたり・・・
また、どのタイミングでアクションを変えるか?加えるか???
さらには、追ってくる岩魚もより早く察知できる。


DSCN5492.jpg

唯一不安なのは、この色が岩魚や山女魚にとって逆効果にならないかということ・・・
“オレンジの紐”に結ばれたルアーを、クリアな水質に棲む渓流魚たちがはたして食ってくれるだろうか???

ちなみに、このラインは普通のポンド数に対する号数よりも細くできているようだ。
通常なら、「4lbsライン=1号」のところ、「4lbsライン=0.8号」になっている。
このことが、魚の側線に与えるインパクトを軽減してくれるかな?と考えている。

価格も半額ほどだったので、今回試してみようと思った。
秋はフライフィッシングで良い思いをしたことがないので、渓流ベイトフィネスにしてみようかと^^
でも・・・ロッドを作る時間がないことを思い出しちゃった・・・^^;
なんとか使ってみたいな・・・・・



実釣テストの結果は良かったですよ^^




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年08月10日 20:24

こんばんは。

お帰りなさい。ご無事で何よりです!

ラインの色、しげさんが使われていたのは黄色でしたよね?
確かに、どこにルアーが付いているか、側で見ていてもわかりやすかったです。
さらに見やすくなるということでしょうか。

岩井さんが、フライラインの色は魚には全く関係ない、と言っていましたが、ルアーに直接付いているラインの色は関係してくるのでしょうかねぇ??

>co-dropさん

2014年08月11日 06:39

co-dropさん、おはようございます。
これまで、淡い色合いを何色か試してきましたが、流れに押されて見失う事があったんです。
そんな時に限って、知らない間にバイトがあったり…^^;

Smithの本山氏がバリバスのオレンジを使ってるのをDVDで見て、真似てみました。
でも、バリバスには使いたい糸がないんですよ(; ̄O ̄)

魚にとって糸が何なのか?
彼らにはわからないと思います。
見えても、見えなくてもです。
それよりも、水を切るときの動きを、彼らは感じていると思います。
あとは、僕がそうですが人間側の“釣れる気”でしょうかね^^;

こんばんは(^^♪

2014年08月11日 20:03

自分もラインの色は気にしない方です。

渓流は、ラインが見えないとルアー引けないよね・・・
昔、自分もイエローの2ポンドで渓流してました。
確か・・・スタンレイ?あるいはモーリス?メーカーは忘れましたがアメリカのメーカー立った様な・・・

渓流で、ビバークしてきたんですか?
楽しそうだな~~~

あ!
パスワード変えた?
入れないのですが・・・(-_-;)

>アダムスさん

2014年08月12日 06:56

アダムスさん、おはようございます。

やっぱり、ラインの色は気にしなくて大丈夫ですよね?^^
昔のデュポンとか、蛍光イエローやパールホワイトみたいなのありましたが、普通に釣れましたもんね。

>渓流は、ラインが見えないとルアー引けないよね・・・
そうなんです…ルアーの位置がわからないと、釣りようがないんです。

>2ポンドで渓流してました。
渓流では、2ポンドは使ったことがなかったのですが、細めにすれば多少は食いやすくなりそうですね。

アメリカだと、バークレイあたり???でしょうか。
僕も10年前までは1kmスプールでバークレイの20ポンドとか使ってました^^;
フリッピングには、硬めのアメラインは良かったんです。
安いですし。

金土日とボーイスカウトのキャンプの手伝いに行ってきました。
ブヨに刺されまくって足がまだ痒いです^^;
子供達も、良い体験ができたと思います。

パスワードは変えていませんが、メール入れておきますね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。