Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode870 … タダ巻き・・・

2014年 08月16日 17:10 (土)

渓流のルアーフィッシングって、「追ってくるわりに、食わせられない」ことが多い・・・
僕の場合はウデの悪さもあるけど、上手い人も上手いなりに感じているんじゃないかな???
バスフィッシングなんかに比べると、圧倒的に食わせが難しいのだ。


DSCN5495.jpg

その理由を、これまでずっと探してきた。
そんな中で、シンキングミノーを泳がせていて思うことがあった。
それは、うまく表現できないけど、“動きがダルい”こと・・・

30年以上バスフィッシングをやっていたので、ハードルアーのもつ“食わせる動き”って、自分の中にインプットされている。
ところが、渓流シンキングミノーにはそれが希薄なのだ。
タックルセッティングやキャスト、リトリーブコースなど、自分自身の未熟な点を差し引いても、イマイチ感じられないのだ。

で・・・次回の釣行で、ちょっと試してみることにした。

 
 
DSCN5501.jpg

まずは、あまり大きな変化がない試みから。

お気に入りのこのミノー、お手頃な価格ながら僕の好きな動き、波動、水のつかみ心地・・・
これまでは、下のサイズのミノーを使っていたけど、もう少し“強さ”が欲しかった。

そこで、ワンサイズ大きいものを買ってみた。
同じような動きをしてくれるかどうかは使ってみないとわからない。
同じルアーながら、サイズが数ミリ変わるだけで別物になることはよくあるので・・・
でも、期待している^^

デュオ(DUO) スピアヘッド リュウキ 50S
デュオ(DUO) スピアヘッド リュウキ 50S









DSCN5504.jpg

サイズUPからもう一歩踏み込んで、次はジョイントミノーだ。

昔、ラパラのジョイントミノーをバスに使っていたことがあった。
釣り仲間には内緒にしていて、シャローで水面近くをデロデロ・・・って巻いてくると、バスが下からもんどりうって食ってくる。
通常のミノーとはまったく違った動きがあり、ジョイントミノーには魚を引き付ける独特な“何か”があるように思う。

シンキングミノーを使わざるを得ないケースが多い渓流でも、シンキングのウエイトゆえにスポイルされる動き、キレの替わりに、ジョイントの艶めかしさがバイトを誘発してくれることを願い試してみたい。

アングラーズリパブリック ベアトリス
アングラーズリパブリック ベアトリス









DSCN5509.jpg

そして、バイブレーション。
まさに、引いてくるだけでアクションして、魚を食わせるルアーだ。

“渓流用”として市販されている手前のもの以外に、バス用のメタルバイブも買ってみた。
メタルバイブって、厳寒期のバスにとても効くときがあった。
また、重さのわりに巻き抵抗も少ないので、浮き上がりも少ない。
ドン深の底に沈むオオモノの鼻先まで、届けることができるかもしれない。


余談ながら、僕は全てのルアーについて、ナチュラル系とリアクション系の二つのカラーを持っていく。
天候や時間帯、濁りの有無によって、渓流魚の好みは変わるように思っている。
バスフィッシングは色の違いで大きな差が出たけど、渓流も同じだ。


DSCN5513.jpg

最後に、元祖、タダ巻きのスピナー。
僕にとっては、入渓して最初に結ぶことの多い“サーチベイト”だ。

スピナーを追ってくる魚を見ながら、当日の付き場やスピードに対する反応、カラーの傾向なんかもチェックしている。
その結果から、次に使うルアーを決めている。
スピナーが当たっているときは、もちろんそのまま撃ち続けるけど。

さて、明々後日はどうなることやら・・・
天気と水位がちょっと心配^^;

加えて、秋の気配も感じ始めているので、渓流魚は食わないんだよね。
“秋の荒食い!”なんて、一度も巡り会ったことがない。

でも、今シーズンも終盤戦。
安全に、悔いのないよう楽しもうと思う。



スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね~!

2014年08月16日 17:26

こんばんわ!
大雨警報の出た上高地より、帰還しました。

遠いけど、確かにあの地域なら、かなり釣りおもしろそうですね。
山屋ではないけど、山って良いな・・と思える場所だったよ。

渓流ルアーは、実は思っていたのだけど、キャスト後の最初の動き出しがダルくない?
なんでだろう?ルアーってそこが勝負では無いのか??
メーカーってその先の私の分からない神の領域のデザインをしているので使いこなせない自分が悪いのだろうか??とおもっていたのですが、しげさんのマジ検証をおまちします!!(^^)!

・・・何書いてるか微妙になってスミマセン。m(_ _)m




>Ryoshiさん

2014年08月17日 11:45

Ryoshiさん、こんにちは!
中部地方はそうとう降ったみたいで・・・ご無事で何より^^
山はいいよね!
そのうち時間ができたら、魚がいない山でも行ってみたいなとと思います。

さて、渓流ルアーの欠点は、まさに指摘のとおり!
キレがない!!
これって、シンキングだからかな???と思います。
ウェイトが動きもダルくしている・・・

実は、家にはバルサも基盤リップの材料もタングステンシンカーもあるんだよね^^;
あとは、ロッドビルドで余るエポキシを使って・・・です。
冬になったらテストしてみます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。