Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode882 … 沢靴

2014年 09月13日 19:09 (土)

少し前に、ミサさんからウェーディングシューズをいただいた。
なんでも、足型が合わなかったそうで、ほとんど履いていない状態でいただいた。
ミサさん、ありがとうございますm(_ _)m

今季の渓流では、春からモンベルのサワートレッカー(フェルトS、ラバーS共)を履いているけど、ここ2回の釣行ではこちらを履いてみた。


DSCN6219.jpg

二日間で約50km以上(山道含む)を歩いてみて、良い点はそのままに、気になる点はちょっと手を入れてみることにした^^

 
 
DSCN6216.jpg

いただいたのはこちら・・・Climb Zone ウェーディングシューズ。
フェルトソールの沢靴だ。

同じ沢靴でも、モンベル サワートレッカーとは少し履き心地が違うのが面白い。
両者の違いは、全体的なフィット感?軟らかさ??に現れている。

クライムゾーンは、アッパーが軟らかい生地で作られているためか、サワートレッカーに比べて足の甲のフィット感が高いように感じた。
生地が足の甲を包み込むような感じ・・・とでもいうのかな。
ガチガチのWDシューズの対局で、軟らかく繊細なタッチだ。

一方で、サワートレッカーはもう少しパリっとしている。
足首周りはネオプレンになっていてフィット感は問題ないけど、アッパーがもう少し硬くメッシュっぽい生地で作られている。
また、樹脂性のパーツがフレーム的な役割をはたしていて剛性感が高い。

微妙な滑り具合や岩の感触をつかみやすいのはクライムゾーンなのかもしれない。
でも、山道も含めて疲れにくくトータルな履きやすさではサワートレッカーかな?と感じている。
どちらも甲乙つけがたく、渓流で歩きやすく、高巻きやヘツリもしやすい。
もう、釣り用のWDシューズには戻れないな・・・^^;

雪がたっぷりある解禁当初はウェーダーを着るので、そのときだけフェルトスパイクシューズを履く。
軽いし、安いし^^
そして、残雪の時期になれば迷わず沢靴にウェットスタイルに移行する・・・というのが今季の結論かな。







DSCN6174.jpg

でも、一つだけ“変えたいパーツ”があった。
そこで、今月も貧乏だけどポチっと・・・(涙)。

ほぼ日帰り釣行の限界距離?を歩く僕の渓流釣りスタイルでは、足裏のサポートが欠かせない。
最近、長距離を歩くと土踏まずが疲れるようになってきた(歳だね^^;)。

そこで、インソールをスポーツ用、アウトドア用のものに交換しようと思ったけど、4千円以上もするのでちょっと考えてしまった・・・
でもね・・・ないと翌日が辛いんだよね・・・・・^^;



あれこれ迷ったけど、こちらを買ってみた。
一般的なスポーツインソールに比べて約半額!
購入者のレビューも悪くない^^


DSCN6195.jpg

沢靴オリジナルのインソールと、単品で市販されているインソールはこんなに違うのだ。

方やペッタンコな板・・・
方や厚みもヒールカップもカッチリ!
これで少しは楽になるかな^^;
体力がない分、モノに頼らないと・・・


DSCN6180.jpg

早速、次回の釣行に向けて、インソールの形をクライムゾーンに合わせてカットした。


DSCN6183.jpg

カットしたインソールを入れて、試し履きしてみる。

上の写真は、右足は今回購入したインソール、左は比較のためオリジナルインソールで撮ってみた。
購入インソールは、土踏まずのアーチを保ってくれるのと、やや厚みがあることが紐の締め具合からもわかる。


DSCN6210.jpg

こんな感じに収まっている。
土踏まずだけでなく、踵もすっぽりとホールドしてくれるので、靴の中の安定感が増した感じがする。
今回、差を感じやすいように素足で履いてみたけど、数歩も歩くとその差は歴然だ・・・


DSCN6207.jpg

こちらは、山歩きに履いている登山靴。
何年か前にクライムゾーンのお店で購入した靴で、そのときに店員さんに進められてスポーツインソールを入れている。
登山靴も、やっぱり靴についているインソールは貧弱で、ただの板っきれでしかない・・・

思えば、その時の店員さんは、『登山も沢登りも普段の靴も、僕はこのインソールを使ってますが疲れにくいですよ!』とおっしゃっていたので、釣り用WDシューズでは倣っていた。

たかが中敷き・・・でも中敷き・・・・・僕にとっては、かなり違うのだ。
皆さんも、試してみる???^^;





スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年09月14日 06:26

「ガボッ!」
思わずライズしてしまいました(^-^)

僕も扁平足なので、土踏まずが痛くなるんですよね。
お値段もリーズナブル!

インプレ待ってます(^o^)/

>co-dropさん

2014年09月14日 13:10

co-dropさん、こんにちは。
一匹ゲット!^^

僕は元々土踏まずが高かったのですが、足裏の筋力が落ちたのか、最近は長距離を歩くと痛くなります。
じゃあ、モノに頼ってしまえ!
と言うわけです^^;

この値段なら…

2014年09月14日 19:32

あっこれ欲しい!と思い、早速『密林』へと踏み込みましたが、XLサイズこの価格では探せず。
ちょっと残念です。

私も最近、クライムゾーンのスーパープロ買いました。
しげさんがおっしゃる様に、足元の感触がつかみやすいと思います。
キャラバンの渓流シリーズより歩きやすいかも。

>こりらさん

2014年09月14日 19:38

こりらさん、こんばんは。
僕はLサイズでしたが、サイズによって値段が違うんですね…知りませんでした(; ̄O ̄)

クライムゾーンは、アッパー素材のゴワツキがなく軟らかい感触ですよね。
よく、ソールの硬さ、軟らかさは問われますが、アッパーでこんなにも違うとは思いもよりませんでした。
僕も、クライムゾーンはいい沢靴だと感じています^^
キャラバンの方が、全体的に硬めな作りですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。