Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode890 … 2014シーズン・渓流釣り総括

2014年 10月03日 23:55 (金)

凍てつく氷の世界から始まった今季の渓流釣り・・・7ヶ月間を振り返り、来季へつなげていこうと思う。

ますは、ざっくりとした数値的なデータから・・・


======================================================================================

 ・ 釣行日数 : 17日間 (フライフィッシング 12日、ルアーフィッシング 4日、フライ&ルアー 1日)

 ・ 天候 : 晴れ13日、雨4日 (晴天率76%)

 ・ 釣行河川 : 約25河川 (うち新規14河川)

 ・ 釣果 : 山女魚1、雨魚1、岩魚約150 (7寸未満はカウントせず)

 ・ 最大魚 : 山女魚26cm、雨魚21cm、岩魚34cm

 ・ 尺神様 : 確実なのは3匹 (尺上Get率 約2%)

 ・ ノーフィッシュ : 2日

 ・ 1日当たり平均釣り時間 : 約10時間

 ・ 踏破総距離 : 約350km

======================================================================================



月ごとの集計まではしないけど、この数字を昨年までと比べてみた。

総匹数は、約50匹も減ってしまった・・・釣行日数が1日多かったにもかかわらずだ。
これは、最後の3日間で1匹しか釣れなかったことが大きく影響している。
渓流ルアーフィッシングをマスターすべく、フライロッドを持っていかなかったり、釣れなくてもそのままルアーで押し通したのが響いた。
でも、この試練?は、いずれ突破しないとこの先のレベルにはいけないと覚悟の上。
まあ、仕方がない^^;


代わりに、尺神様率が1%上がった。
総数で50匹減ったものの、尺神様を3匹も釣ることができた。
実は、これ以外にも「口閉じ&尾開き」でメジャーを当てて、ギリギリ尺に届かない魚が数匹いた。
普通に測れば尺はあったかもしれない・・・まあ、言い訳だよね^^;


また、昨年まで好調だった渓が不調になったこともあって、新規河川が必然的に増えた。
渓を取り巻く環境の激変が、渓流魚の生息数を大きく減らしてしまったのだ。
もっとも、新しい地域で新しい発見もあった。


相変わらず、山女魚、雨魚は少ない。
別に山女魚たちが嫌いなわけじゃないけど、関東甲信越地方で好みの里川がないだけだ。
人だらけ、ボロボロ成魚放流魚、半分釣り堀みたい・・・な環境下の釣りは好みじゃない^^;
せっかく釣りに行くのなら、好きな場所で好きな釣りをしたい。
来季は、カッチョイイ山女魚がいる?かもしれない地域も開拓していくつもりなので、少しは比率が変わるといいな。


一日当たりの釣り時間は、今季も長い・・・
踏破総距離も長いのに、どうやって時間を稼いでいるんだろう???と思われるかもしれない。
だいたい、薄明るくなる時刻か、未だ暗いうちから歩き始め、朝マズメ過ぎにはロッドを振っている。
そして夕暮れ近くまで釣っていることも多いので、夏は14時間以上はロッドを振っていることもある。
昼食は、適当に行動食をとることが多くなった。
オニギリとか、ゼリーとか、ジャムパンとか、かじりながら釣っている。


歩く距離は、エサ釣りやテンカラの人から見れば普通だと思う。
同じ場所で同じ魚を釣っているんだから、大差ないと考えている。
山奥の渓流魚たちは、あまりマッチ・ザ・ハッチの釣りではないので、虫が飛ばない時間帯でも目の前に流れてくるフライはバックリと食ってくれる。
だから、何年やってもフライフィッシングが上達していないのかも・・・^^;
まさに、“釣れる魚”しか釣ってない。



さて、来季はバスフィッシングから渓流釣りへ転向して10年目になる。
ある意味、自分でも一区切りだと思っている。

フライフィッシングは、ニンフなど水中戦の幅を広げたいと思っている。
ルアーフィッシングは、“食わせ”のマスターが課題かな。
エサ釣りは、早期に楽しもうと思う。
バンブーロッドは、自分のスタイルにマッチしたアクション、ピースを試行錯誤していくつもりだ。

釣りバカだ・・とか、ストイックだ・・・とか言われるけど、三度の飯よりもずっとずっと釣りが好きなので仕方がない。
不治の病だと諦めている^^;
お仲間の皆さん、こんな僕ですが来季もお付き合いのほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m


今季、記憶に残った景色や渓魚たちを貼っておこう。

DSCN34970.jpg


DSCN3433.jpg


DSCN6483.jpg


DSCN4092.jpg


DSCN4591.jpg


DSCN4877.jpg


DSCN5036.jpg


DSCN5076.jpg


DSCN5272.jpg


DSCN5304.jpg


DSCN6311a.jpg


DSCN3696.jpg


DSCN6322.jpg


DSCN6436_201410012201039e0.jpg


DSCN6517.jpg




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい一年でしたね

2014年10月04日 23:59

今年も大変お世話になりました
最近のスタンスは、一つ釣れればと
来年も宜しくです
○○川ぜひと

>ミサさん

2014年10月05日 00:02

ミサさん、こんばんは。
こちらこそ、今季もお世話になりましたm(_ _)m
来季は、○○川とあの先の流れを見に行きましょうね^^
なかなか日程が合わせられずご迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いします。

2014年10月05日 06:27

おはようございます。

こうして見ると、しげさんはやっぱり良い魚を釣ってますよね(^-^)
解禁一発目の尺物なんか、凄い貫禄!!

魚達と感動の景色の数々、この味を知ってしまったら、これは一生やめられませんね(^-^)

今後もどうぞ宜しくお願いします。

>co-dropさん

2014年10月05日 09:53

co-dropさん、おはようございます。
おかげさまで、ここ数年で以前より良い魚が混じるようになってきましたが、まだまだバラし、ミスがありますから^^;

やっと10年?
もう10年??
次の10年後の目標もできました^^

メシも食わず、ひたすら釣ることが好きな自分ですが、こちらこそこれからも宜しくお願いしますm(_ _)m

No title

2014年10月05日 18:04

しげさん、こんにちは。

昨日はおつかれさまでした。渓流フライに対する愛情を熱く語られていましたね。確かに残り時間を計算すると、そうですよね、おっしゃる通りです。フライは始めてまだ一年。キャスティングなんて下手っぴでまだまだたくさん学ぶことが多いGran Lussoですが、しげさんの貴ブログを拝見してみるとイワナに限らずオイカワやハゼなどの雑魚や多種に渡ってお詳しいので、機会があればご教授くださいね。「日々、オイカワ」という拙ブログをやってます。よろしければしげさんの貴ブログをリンクさせてください。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

こんばんは(^^♪

2014年10月05日 20:02

なぜか、自分の昔を思いだします。

地図を見ながら、ああだ、こうだと・・・
居酒屋で、釣り友と来季の釣り場を詮索して・・・午前様(笑)

兎に角、新しい釣り場は夢があるよね。

東北は殆ど釣り歩いてるけど・・・釣れるが当たり前が何かね~~~に辿りついたのも50過ぎかな?(笑)
それから、福島の激戦区に足蹴く通う様になりました。
何かね釣れない所で釣れるが楽しくなったんだよね(笑)

フライの種類も増えたし、何よりフライ釣りが何だか分かった様な気がした!

しげさんも、後10年フライをやると分かるかも(爆)

>Gran Lussoさん

2014年10月05日 20:06

Gran Lussoさん、昨日はありがとうございました。

渓流釣りは意外にシーズンも短く、身体的にハードなところもありますので、今のうちから目いっぱい楽しんでおこうと思っています^^
次の10年で、バスフィッシングのレベルまでいくのが目標でやってます^^;

リンクの件、僕のブログ、HPにも貼らせていただきますね。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。

ps.メールを送信しておきました^^

>アダムスさん

2014年10月05日 20:15

アダムスさん、こんばんは。

>地図を見ながら、ああだ、こうだと・・・
今がまさにそんな感じです^^;
関東地方の渓流だけでも、まだまだ行ってないところが山ほどあります。
それをあらかた回った時に、どうなっているか???
あと10年で回りきれるのでしょうか???^^;

僕は渓流でもフライFでも、やっぱりメンタル的にはトーナメントなんです。
釣れる釣り場でも、釣れない釣り場でも、その日のベストパターンを探す釣りが好きですね。
なので、純粋にフライフィッシングを楽しむ釣り人ではないのかもしれません。

また管釣りのシーズンになりました。
ぜひご一緒させてください^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。