Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode894 … アナログに戻る・・・

2014年 10月12日 20:50 (日)

現在、オーブンを改装中・・・
近いうちに、ヒートガンオーブンを作ろうと思っている。
yamameさんに構造や寸法を教えていただいたので、もう少し自分なりに考えたら作り始めようかと。


DSCN6598.jpg

今回は、それまでの暫定策として、夏の間にケ〇ズ〇ンキで買ったまま置きっぱなしにしていたオーブントースターを試してみようかと。
横っ腹に穴をあけて、パイプを通して・・・

はたして上手くいくのだろうか???

 
 
DSCN6593.jpg

粗削りを済ませ、バインディングされたブランク。
火を入れると強度が増し、曲りも治って真っ直ぐになる。


DSCN6599.jpg

電源を入れて温度を上げ、頃合いを見てブランクを入れてみる・・・
予定では、あの独特な竹の焼ける香りとともに、水蒸気が出てくるはず・・・・・

出ない!!!(汗)

なぜ???
調べてみると、パイプ内の温度が低すぎるような気が・・・

この方法を某店のオーナーさんに教わったときは、“銅のパイプ”を貫通させると言っていた。
僕のは真鍮パイプだけど、それが原因か???

手元のiPhoneでググってみると、なんと、銅と真鍮では熱伝導率が約4倍も違ったのだ・・・
もしかしたら、パイプの内部に熱が伝わっていないのかもしれない。


DSCN6602.jpg

そこで、急遽、内部だけをアルミパイプにしてみた。
(アルミパイプは端材があった)

再挑戦・・・

ダメだ・・・・・なぜか、さっきよりも温度が上がらない。
2,000円もしないトースターでは出力が足りないのかな???
なにか、根本的な欠陥があるような気がした。
トースターは、廃棄処分となった・・・(涙)


DSCN6605.jpg

結局、今回もいつもの「電熱器 + 土鍋の蓋」ですませた・・・^^;
(ショックで写真がピンボケ)
熱量は十分強いし、目で見て、焼ける香りを確かめながら加減できるのはメリットだね。

さて、今回のオーブントースターが失敗したことで、いよいよヒートガンオーブン製作の決心がついた。
まずは、簡単な図面を作ろうかな・・・




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年10月12日 23:12

こんばんは。

オーブントースターにパイプが貫通!
なんとシュールな画でしょうか・・・
これにはメーカーもびっくりでしょうね(^^;

やっぱり竹竿作りの記載は難しすぎでさっぱりです(^^;
凄いなぁと、いつも感心しています。

>co-dropさん

2014年10月13日 09:57

co-dropさん、おはようございます。
トースターは、ネットで見ると使ってる人がいるのですが…
僕のはダメでした(^_^;)

今回のロッドは、これまでの反省を元に少し変えてみました。
お楽しみに^^

No title

2014年10月13日 18:49

ヒートガン式オーブン!
いいですね。自分もヒートガン循環式で構想は練ってますが、素材が見つからず難儀してます。作製の際はぜひ知恵をお貸しくださいませm(_ _)m

No title

2014年10月13日 22:36

こんばんは

よく、インターネットとかで見かけるヤツですね?

自分はオーブンだけでも何回も作り直しました。
ただ、やっぱり温度差が気になる所なので作るのは難しのですが
ロッドに影響が出やすいと思います。

ミーリングマシーンよりこちらの方が良いと思います(笑)

>双雪さん

2014年10月13日 23:18

双雪さん、こんばんは。

ヒートガンオーブンは、基本はyamameさんから教わったのですが、まだまだこれから構想を練る段階です。
双雪さんの方が先に行かれていると思いますよ^^

内部の細かな作りで、温度差が出たり、温度が上がらなかったりあるそうですね。
こちらこそ、教えてくださいm(_ _)m

>takiさん

2014年10月13日 23:26

takiさん、こんばんは。
はい、ネットで見かけるタイプにチャレンジしてみましたが、結果はトースターを一台オシャカにしました^^;

確かに、火入れが安定しないと、せっかくテーパーを整えても素材の弾性係数が変わってしまうので、ロッドのアクションも安定しないんだろうな…と思いました。

一方向から吹き込むヒートガンの熱風を、ロッドのピース全体に均一に供給する構図に悩んでいます。
大まかな仕組みはわかったのですが、細かなピッチや寸法にキモがありそうですね。

秘密兵器は見送ることにしました。
今回、竹を少し細めに割ってみることでだいぶ手間が変わりました^^
工程全体のバランスを見ながら、少しずつ底上げしていこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。