Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode895 … スピードアップ!

2014年 10月14日 00:03 (火)

渓流が禁漁になっても、楽しみは尽きない^^
久しぶりに作っているけど、工程は忘れてなかった^^;


DSCN6608.jpg

渓流シーズンの間にも、ロッド製作について思いついたことや反省点などを「釣りノート」にメモっておいたのが役立っている。
竹割り、曲り直し、カンナの刃砥、カンナの調整と削る工程の組み合わせなど、少しずつ効率アップを目指しているつもり。

 
 
DSCN6617.jpg

それが理由かどうかわからないけど、竹割から5日目でブランクの接着までこぎつけた。
けしてフルに一日を使えるわけじゃないので、僕にしては早い方だ。
(トースターは失敗して、時間をロスしたけど・・・^^;)

さて、今回作っているのは次男のケンが使うロッド。
これまでは、二枚合わせのショートロッドを使っていたんだけど、ついにフェルールが剥離してしまった・・・


RIMG10559.jpg

一方、長男のヒロは“Hiro Midge”(ほとんど僕が使って釣っている^^;)を使っているので、『俺も同じのが欲しい~!!!』とケンに言われていた。
ケンもフライで魚を釣れるようになってきたし、まあ、どうせ僕が使うんだし・・・というわけ。

そこで、Leonard38をネット公表データのまま、メタルフェルールの2pcで作っている。
このロッド、今季の渓流で#3のメタルフェルール3pcにデータ変換して作ってみたら相性が良かった。
シーズン中盤から使い始めたにも関わらず、数もけっこう釣ったし、最終日には34cmも^^
結果が出るということは、僕にとって使いやすいってことだよね。

じゃあ、本来の38のデータで作ってみて、どんなロッドなのか試してみようと思ったのだ。
本物のLeonard38なんて振る機会はないだろうけど、うまくいけば似た傾向のアクションを楽しめるかもしれない。
こんな楽しみ方ができるのも、バンブーロッド自作の面白さだよね^^
先人の、偉大なる遺産に日々感謝していますm(_ _)m



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^^♪

2014年10月14日 21:47

お子達も段々フライに興味が出てきたのかな?

最初からバンブーは高級すぎるな(笑)

家の孫はサッカーにドップリで釣りには最近行けない(-_-;)
最近、近所の池で小物釣りに凝ってます・・・1m位のタナゴ竿でね・・・(笑)

奥方は、メダカに凝って最近メダカのお子が沢山で水槽だらけ・・(笑)

>アダムスさん

2014年10月14日 21:54

アダムスさん、こんばんは。

うちの子供たちは、釣りも好きだし、テニスも好きだし、ボーイスカウトも行くし…
いろいろと興味があって“これというものがないようです。
いいのか、悪いのか…^^;

バンブーは、僕の自作なので材料費の3,000円程ですから、買うより安いかもしれません^^;

タナゴ竿で小物釣りも面白いですよね!
フライもルアーも、エサ釣りのベースがある方が絶対に上達しますよね。
メダカも水槽が多いと賑やかそうですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。