Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode906 … 振り比べ

2014年 11月08日 18:06 (土)

渓流で、ドライフライだけなら#3が使いやすい。
でも、ウェット(ドロッパー含む)やニンフの釣りをするなら、もっと重いラインじゃないとやりにくい・・・

そこで、「どちらもこなせるのは#4かな???」と思っている。
ロッドは何本も持っていけないしね^^;


DSCN6879.jpg

今日は、手元にある#4の短めの竿たちを振り比べてみようかと。

 
 
DSCN6888.jpg

上から・・・

工房渡辺さんからお借りしているロッド。
7’0” #2~5 3pc で「扁平六角断面・中空構造」とセミアンサンドなブランクが特徴だ。
先月の丹沢ホームで試してみたところ、長めのリーダー・ティペットシステムとの相性が抜群に良かった。


次は、PHYのMidgeを参考に自作した一本。
6’4” #4 2pc で、カーボン印籠継ぎ。
完成直後からピンピンで使いにくいと文句を言いながらも管理釣場で数百匹、渓流では尺神様を含めてかなり釣ることができた。
てことは・・・意外と合ってるのかな???^^;


最後は、先週完成したばかりのロッド。
明るい時間帯に振るのは初めて。

7’0” #4 2pc で、Leonard38の公表データのまま作ってみた。
早く、魚を相手にしてみたい^^


DSCN6894.jpg

道路上なので、ただ投げることしかできない。
残念・・・

パーンっとラインがすっ飛んで行くのは、実は一番短いMidgeだった。
これは意外・・・
バットのディメンションも一番小さいのに、ミドルに秘めたトルクが効いてるのかな???

一方、Leonard38はMidgeとは違った感触ながら、やはりシャープなループでラインを運んでいく。
でも、このロッドはバットが太い割にはトップピースが繊細だ。
これが渓流で使うとどうなのか気になるところだ。


工房渡辺さんのロッドは、ゆったりとループを作ってもテーリングすることなく、いつも安定してラインを運んでくれる。
3pcならではの、メタルフェルールの慣性力も効いているのかな???
ゆっくりしたラインスピードは、渓流では魚を怯えさせないばかりか、フライの回転を抑えてくれるのでより長く、細いシステムの使用を可能にしてくれるのが嬉しい。


DSCN6900.jpg

沢で釣るにはメインロッドになるこの長さ、番手・・・
さらに、先週から製作しているうちの一本が、しばらくしたら加わるだろう。
今度は、Garrisonを予定している。
他の二本は・・・秘密^^;




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年11月09日 06:20

おはようございます。

竿には様々な性格があるのがよく分かりました。
ロッドを作るのはこういうところが醍醐味なんでしょうね(^-^)

No title

2014年11月09日 15:39

こんにちは

たぶんでがフェルールを変えるだけでもっとアクションも変ると思います。
たかが、ロッドを繋げる部品なんですが奥が深いです(故に高価)

ブラスのフェルールは自作でもどうしても厚くせざる得ません(材が柔らかいため。見栄えを良くするためには良いかも??)
故に自重が重くなります。

確かに高価なパーツなのですが繰り返しで使えるはずなので専用を使うことをお勧めします。(多分、ブランク代のほうがもったいなくなります)
この辺は経験則です(笑)

co-dropさん

2014年11月09日 20:42

co-dropさん、こんばんは。
どんなテーパーにすれば、どんなアクションになるか???
おぼろげに、その傾向はわかり始めたように思うこの頃ですが、作っては失敗なのでまだまだわかってないのかなと(^_^;)
最近は、あまり個性の強いアクションよりも、バーサタイルなものが好きな気がしてます。

>takiさん

2014年11月09日 20:44

takiさん、こんばんは。
フェルールも深いノウハウがあるんですね…

実は先週のことですが、卓上旋盤と付属工具などほぼ一式をいただく機会に恵めれました。
これでフィラーもシート金具もフェルールも!^^
と思っていたのですが、そんなに簡単にはいきそうもないですね(^_^;)

お手本という意味でも、専用のものを買ってみようかとずっと考えていたのですが、未だ自作ロッドの仕上がりがイマイチで躊躇している自分がいます。
ここはやっぱり、一度は清水の舞台ですかね…
最初は2pcロッドからですね^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。