Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode911 … 入魂&実釣テスト

2014年 11月16日 20:44 (日)

今日は、ケンをボーイスカウトの活動へ送り届け、そのまま近所の管釣へ・・・
#014のLeonard38で、実際に釣りをしてみたかったんだよね・・・^^


DSCN7086.jpg

Hiro Midgeも仕掛けをセットして、異なるテーパー、アクションを楽しんでみた。

 
 
DSCN7080.jpg

場所は、川島町にあるフィッシングフィールド川越。
今年の春、ケンと来て以来だ。

この日は、北東の風が吹き、いよいよ秋から冬へって感じ。
でも、風があった方が、ここの釣り場はポイントが絞りやすくなるので釣りやすい。
キャストは無風の方が楽だけど、DT4Fでハーフラインを投げるには影響ない程度だった。

水色は、やや濁りが強めかな。
水温は測ってないけど、風が吹いているときの方が食いが良かったから、まだ冷たすぎないようだ。


DSCN7077.jpg

#014 Leonard38、さっそく入魂完了^^

この日は、黄色のフライが大当たり!
オレンジもまあまあ。
地味系はアタリが出にくい。

足元からハーフラインまで適当にポイントをローテすれば、コンスタントに釣れ続けた。
タナは比較的浅めで、底ベッタリじゃない。
風を利用して、マーカーで中層をユサユサとすれば、“ス~ッ”とマーカーが入っていく。


DSCN7083.jpg

サイズは、20cm位から35cmちょっとまで。
上の写真の魚は35cm位あった。

ギュンギュン引いてくれるので、ロッドのテストにはちょうどいい。
このロッドは、バットに比べてトップピースが繊細なテーパーになってるので、
「そこそこサイズが掛かると、どうなんだろうか???」と気になっていた。

実際に掛けてみると、バットの強い部分まではラインに追従するように入ってくるので、繊細な部分に負荷がかかりすぎるようなことはなかった。
「なるほど・・・こういうロッドなんだ。」と納得。

30cm以上を10匹近く掛けたけど、曲りも反りも出なくて良かった^^
ちょっと、ブランクの火入れが甘かったような気がしていたので・・・^^;
バットで魚の引きも止められるので、見た目以上にシッカリとしているようだ。

この日は、3時間券を買って2時間半ほど釣りを楽しんだ。
トータルで、約35匹ちょっと。
入魂としてはまずまずかな^^

さて、なぜ3時間券で2時間半しか釣りをしなかったのかというと・・・
釣り場の敷地内で、プロのビルダーさんのバンブーロッドの試投・実釣会が開催されていたのだ^^
これはチャンスと見せていただいた。

仕上がりはもちろん、一番感じたのは振ったときの芯というか、腰というか・・・今回の僕のロッドは、これが弱い気がした。
やっぱり、やや生煮えか???^^;

こうしてプロの方のロッドに触れてみると、僕のロッドなんてまだまだ工作レベルにも達していないな・・・と痛感しつつも、少しでも近づけるよう一つ一つの工程を丁寧に、試行錯誤しながら技術も体得しなければと思い直す良い機会になった。

展示場所でいろいろと説明してくださったビルダーさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m
おかげさまで、とっても充実した休日となりました。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2014年11月17日 06:35

おはようございます。

早速入魂されましたね。
息子のロッドの為に時間を惜しんでの実釣テストとは流石です(^-^;

それにしてもコンディションの良さそうな魚たちですね!

No title

2014年11月17日 08:29

おはようございます。
新作ロッド、入魂おめでとうございます。
2時間半で35匹のハイペース、新作ロッドの釣り味もたっぷり楽しまれたようで、なんともうらやましい。
プロの作品と比べるのも次につながる発見があるのでしょうね。今後がまた楽しみです。

No title

2014年11月17日 08:46

 ロッドの展示会があると聞いていましたが、総会と重なってしまい割愛、午後から小畔遊びとなりました。
 活性が高いときに口の外側に鈎がかりが多いのはガン玉に反応してという考察流石です。
 ダブルスイッチの考え方がいかされていますね。
 縦の釣りを、面の釣りを練習していますが、先にしげさんに理論確立されてしまいそうです。
 僕はマーカーなしにこだわっていますので、マーカー理論はお任せです。
 今後の展開楽しみです。

>co-dropさん

2014年11月17日 11:06

co-dropさん、こんにちは。
本当は行きたくなかったのですが、忙しい中息子の代わりに仕方なく入魂してきました(^ω^)

フィッシングフィールド川越は、水がクリア過ぎないのがいいのです。
魚の警戒心が薄いのか、かなり釣れます!
しかも足元でも!!
なので、うちの子供達でも50匹以上は釣りますよ^^;
サイズもそこそこのか入っていて、5匹に1匹はギュンギュンで楽しめます^^

でも、何も考えずに投げてるだけではたいして釣れません。
釣る人と釣れない人の差が半端じゃないのです^^;
1:10くらい…そこが管釣の面白さです。

>windknotさん

2014年11月17日 11:08

windknotさん、こんにちは。
MIDGEと交換しながら釣ると、アクションが全く違って面白かったです^^

バンブー展示は、開催していることを知らなかったのです。
着いたとき、釣り場のオーナーさんに『せっかくだから、プロの人に自作の竿を見てもらったら?』と言われ、恥を忍んで釣りが終わってからちょっとだけ見てもらい、いくつか助言をいただきました。

これまでも、例えばtakiさんのデモロッドを何本か同時にお借りしたとき、ずらっと並べて見てため息、川で振って愕然としました。
今回も同様なショックを受けました。
先は果てしなく長いですね^^;

>jetpapaさん

2014年11月17日 11:09

jetpapaさん、こんにちは。
いろいろな個性のバンブーロッドを、一度に見ることができて良かったです^^

管釣は、僕の中ではかつての河口湖のトーナメントです。
魚はウジャウジャ…その中で、どう差をつけるか^^;

jetpapaさんは縦と面ですか…
僕の釣りは縦と横とステイですね。
フライパターンも、それによって使い分けてます。

でも、管釣トーナメントには全く興味はありません。
多分、Ryoshiさんも同じだと思います。
理由は今度お話しします^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。