Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode912 … Ryoshiさん近況

2014年 11月20日 00:13 (木)

11月16日(日)に行ってきたそうです^^


DVC00229.jpg

場所は、くろや(パイインレイク)岐阜県で、ほぼ貸切でこのサイズを連発して楽しめたとか・・・

羨ましい!!!^^




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年11月23日 19:45

ぼくも管理釣り場に通っています。
チェコニンフシステムとは何かを知りたいからです。
天川では,スレきってしまってドライにもルースニングにも反応しないニジマスが釣れるのです。
ということは,活性が高くない川でも魚たちは急流の底の流れに身を潜めて落ちてくる餌を待っているということになるのですね。
そのことを再確認できました。

確認できたのはいいのですが,冬シーズンを楽しむための釣法だったということも確認できました。



>リョウさん

2014年11月23日 20:44

リョウさん、こんばんは。

チェコニンフ、僕も渓流で釣ってみました。
結果、ルースニングにはルースニングの、チェコにはチェコの得意な渓相があるように感じました。

チェコニンフは、ロッドにある程度長さが欲しくなるのと、番手もそれなりに上げないと効率が悪いのが、渓流のドライフライの釣り上がりと併用できない理由です。

それさえ何とかなれば、実用性が高いのですが・・・^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。