Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode937 … チタン or アルミ?

2015年 01月14日 07:53 (水)

去年から、ず~~~~~っと欲しかったアイテムがある。
それは、アルコールストーブの携行性を活かせる“軽量なポット”。


DSCN7608.jpg

で・・・webカタログを見たり、店頭で手にとってみたり、山屋さんのブログを拝見しながら考えていた。
大きさ、材質、形状、重さは様々で、いったい何ヶ月迷ったんだろうか???^^;

そうこうしているうちに、渓流解禁が見えてきた。
もう、1ヶ月半しかない・・・
あまりノンビリしていると、いざ買おうとした時に売り切れていたりして^^;

そんな言い訳をしつつ、またも“ポチっ!!!”と。

 
 
DSCN7610.jpg

結果、これになった^^
プリムス アルテックポット 0.6リットル。

選定にあたって、最後まで迷ったのは材質だった。
アルミか?
チタンか??

チタンはアルミに比べて比重が小さいため、当然ながら軽くなる。
でも、アルミは熱伝導率が高いため、器が温まりやすく燃料を節約できる???
焦げ付きも、チタンに比べて少ない。
(※ らしい)

DSCN7630.jpg

スペックは、こんな感じ。

アルミか?チタンか?
その決着は、重量増をどこまで許せるか(気持ちの上で)だった。

まずは、必要な大きさはだいたい頭の中にあった。
約500〜700ccが欲しかった。
そして、後述する理由から、形状も限られていた。

各メーカーのこのクラスを比べてみると、同じ容積、同じチタンでも重さに大きな差があった。
多分、チタンの厚みが違うんだと思う。
カタログスペックでも、0.1mmくらいの違いがあるようだった。

そして、価格・・・
ポットだけでなく、他にも準備しなければならないアイテムがあるので、数千円の差とはいえ気が大きくなっては後で困るだろう。

結果、僕はアルミ製のポットを選んだ。
必要な大きさと妥協できる重さ、使い勝手、価格からそうなった。


DSCN7618.jpg

ここで、なぜ今になってポットが欲しかったのかというと・・・
昨年から使っているアルコールストーブが、すっぽりと入るのが欲しかったのだ^^

これまでは、トランギアのケトル(0.6リットル) に入れて携行していた。
このケトルは、ストーブの風防兼スタンドがちょうど入るけど、深さの関係で蓋が閉まらなかった。
なので、いつも蓋がガタついているのが嫌だった。
それに、ケトルは鍋やカップの代用にはならない・・・


DSCN7621.jpg

ところが、この容量のポットなら中に全てが入ってしまう。
空いたスペースには、容器を工夫すれば燃料アルコールも少々なら入れられるだろうし、今自作している風防も入る予定だ。
(※ アルコールストーブは、風に弱い)

このアルコールストーブのメーカーであるエバニューでは、すっぽり&ピッタリな0.5リットルのチタンポットを作っているけど、いつも品切れだし、メーカーのカタログからも消えている???
もう、作らないのかな???

一方で、蓋付きのポットではなく、チタン製のシングルマグカップというのも考えた。
蓋は、アルミホイルで大丈夫とのことだったので、この組み合わせは究極的に軽くできる。

でも、僕は蓋付きが欲しかった。
お湯だけを沸かすならアルミホイルで十分だけど、きっと、長い付き合いのうちには他の使い方もするだろうと考えたからだ。
また、アルミホイル蓋で十分な山行きなら、蓋を置いていけばいい。


DSCN7626.jpg

さっそく、ポットをストーブに乗せてみるとこんな感じ。
隣のPETは、昨年使っていたアルコール燃料を入れる容器だけど、アルコールストーブとポットに収まるようなものを探してみようと思う。

0.6リットルの容量はカップ麺も作れるし、残ったお湯でコーヒーも楽しめる。
また、アルコールストーブでは燃費の関係で厳しいかもしれないけど、ご飯も炊けるし乾麺も茹でることができる。

チタンに比べて約50g重くなったけど、ウルトラライトハイキングの著者もアルミ製のポットやクッカーを見直しているという話を読み、影響を受けた。
曰く、嵩がないので大した重量差にはならないとのことだった。
著者ご自身も、アルミ製のクッカーをメーカーに特注して売られているそうだ。


そんなわけで、今季の渓流解禁に向けて、いろいろと準備を始めている。
今回の“ポチっ!”は、思い切って不足しているものをまとめ買いしてしまった^^;
例によってamazonは、発送できるものから順次送ってくるので、都度、気が向いたらブログで紹介していこうと思う。



2015.01.14現在、Amazonよりもナチュラムの方が安いです(他に買い合わせて送料無料にすれば)。




こちらはAmazon。



最軽量ならマグでOK!




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2015年01月16日 14:34

こんにちは。
ウルトラライトですねぇ(^-^)

僕もコッヘルを改めたいと思っています。
取り敢えず、使いにくかったコップをお店のポイントを使って購入したところです(^-^)

>co-dropさん

2015年01月16日 15:58

co-dropさん、こんにちは。
僕は気が小さいので、用心深くいろいろと背負ってました^^;
でも、次要不要がわかり始めてきたころだと思い、今季から思い切って軽量化を図ることにしました^^
どうなんでしょうね???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。