Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode938 … 賞味期限切れは命取り???

2015年 01月14日 23:00 (水)

“まとめてポチっ!”の第2段!!!
昨年の12月で、これまで携行していた熊よけスプレーの使用期限を迎えた。

もしものときのために必要なアイテムだけに、買い換えないわけにはいかない。
金額的には諭吉さん一枚前後・・・それなりの出費になる。


DSCN7632.jpg

ネットショップを徘徊すると、何種類かを見ることができる。
前回購入したものは無かったので、違うメーカーのものを買ってみることにした。

今日、帰宅してみると早速届いていた。
さすがAmazon^^;

 
 
DSCN7649.jpg

付属の説明書は、すべて英語・・・苦手な僕は、斜め読み?眺めるだけ???^^;
主にヒグマ(ハイイログマ)について書かれているようだけど、僕が通う渓流は本州なのでツキノワグマが住んでいる。
ヒグマに比べて小型というけれど、山で間近に遭遇するととんでもなく大きい。

また、ホームリバーでお会いした地元の猟師さんから聞いた話は、リアルすぎて恐ろしかった。
なんと、いつも釣り上がっている流れのすぐ脇の斜面は熊の通り道になっていて、ここ数年で何度か人が襲われた場所だったのだ。
事故の結末はここでは書かないけど、それはもう・・・・・


DSCN7635.jpg

さて、今回購入したのはこのスプレー、「UDAP bear deterrent」という製品だ。
(なかなかショッキングなサイトなので、チラッと見てみて欲しい^^;)

購入にあたっては、まずは「本家カウンターアソールト」の輸入総代理店のホームページを熟読してみた。
すると、これまで携行してきた「ガード アラスカ」は、カプサイシンの濃度や噴射距離にウィークポイントがあることを知った。
今さらながら、使用する機会がなかったことに感謝しないと・・・

今回は、本家と内容量はほぼ同じ(マイナス5g)、噴射距離も同じ、成分濃度も同じものを選んでみた。
カタログ上のスペックに、ほとんど違いは見られない。
(でも、ちょっぴり安いのがありがたい^^)


DSCN7643.jpg

これまでのガードアラスカは向かって右、新たに購入したUDAPは左になる。
内容量は、ガードアラスカが252gで、UDAPは225gだ。
本家カウンターアソールトは230gなので、実は効果が???と書かれていたガードアラスカが一番容量は大きい。
その分、カプサイシンの濃度は高いので、効果はあるんだろう・・・と信じることにした。

外形がコンパクトになったのは、僕にとってはありがたい。
熊よけスプレーは、いつでも使用できるように腰に下げていないと用を成さないので、山ではブラブラして邪魔になる。
数センチながら小さくなったので、ぶつけたりすることも少しは減るだろう。


DSCN7647.jpg

付属のホルスターも大きく変わった。
UDAPは、靴下のような生地でできていて、ロックしているパーツを解除する必要がない。
これは、とっさにスプレーを引き抜き、速射するときのスピードアップにつながると思う。
ただし、山中で紛失しないように、何かしらのバックアップを施しておくつもりでいる。


さて、今回の買い替えで「勝てない熊はもういない・・・」なんて思うはずはなく、“その時”になったら使いこなせるかどうかは疑問だ・・・^^;

超至近距離での遭遇はこれまでに二回、それ以外にも7、8回はあるけど、どちらもビビリまくりの数秒間だった。
一番ヤバかったのは、“沢を挟んで睨めっこ”。
熊が去ってくれたから事なきを得たけど、もしも向かってきていたら一瞬で大怪我だったと思う。
距離を考えたら、襲われるまでに数秒あるかないか???
相手は時速60キロで走れるのだ。
だから、スプレーを持っていても安心はできない。

それでも、丸腰で山へ入るよりはマシだと考えている。
自分の身はもちろん、同行者が熊に襲われる可能性もある・・・
隣で仲間が襲われても、熊が去るまで助ける手段もないのは辛い。
そのときになって、“使える or 使えない”はわからないけど、“選択肢が無い”というのは受け入れたくない。

今シーズンからは、co-dropさんも本家カウンターアソールトを購入してくださった。
そして、2019年にはお互いの熊よけスプレーの使用期限が切れる。
この1万円近い買い物が、ぜひ無駄になることを祈るばかりだ。





UDAPの熊よけスプレーです。



ご存じ、カウンターアソルトです!




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2015年01月16日 10:30

こんにちは。
こういう記事を見るとうーん、熊撃退スプレーもやっぱり必要かしらん、と思うのですが、なかなか出費が・・・
まだ熊さんにであったことがないので、いまひとつ現実感がないせいでしょうね。

>windknotさん

2015年01月16日 15:54

windknotさん、こんにちは。
windknotさんの北のホームリバーは、十分、熊のテリトリー内ですよ。
いつ遭遇してもおかしくない地域だと思います。
このスプレーは最後の手段で、僕の経験ですとラジオと蚊取線香は効きます。
ちなみに熊鈴は効きません(*_*)
安いロッドなら買える値段ですが、最悪の事態から救ってくれるかもしれないと考えています。

でも、本当は一番恐れているのは怪我ですね(^_^;)

必需品

2015年01月17日 17:44

しげさん
お久しぶりのコメントです。
自分だけはというのはやっぱりないですよね。
熊、イノシシ、怪我。。。とにかく危険はつきものですので無理しないことにしていますがやはり保険としては持っていた方が。。。とはいえ未だ購入にいたりません(苦笑)
ちなみに賞味期限切れの効力はいかほどなんでしょうね。
1年くらいはいけるのかなぁ(爆)

>ジョニーさん

2015年01月17日 19:13

ジョニーさん、こんばんは。
それなりにお金はかかりますが、やはりここだけは用心したいなと思います。
動物との遭遇は、人間側の都合ではどうにもならないことですから…(*_*)

ちなみに、賞味期限はカプサイシンだけでなく、圧入されたガスもヘタると聞きました。
いざという時に、飛ばなくては意味ないですよね。

期限切れは、co-dropさんとの解禁釣行の際に山奥で試射してみたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。