Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode949 … 14年前のオーダー

2015年 03月02日 23:05 (月)

今日は、会社で“ブツ”を受け取った・・・
帰宅するまではシッカリと梱包し、もちろん人目に触れてはならない。


DSCN7923_R.jpg

幸い、途中で手荷物検査を受けたり、職務質問をされたりはなかった。
疑われてしまったら、『話は署で聞こうか・・・』となってしまう恐れもあったのだ???

 
 
DSCN7946_R.jpg

“ブツ”とはこちら・・・

うちの会社の先輩に、なんでもハンドメイドしてしまう方がいる。
お名前は、2Yさん。
趣味は釣り、登山、自転車、人力飛行機製作?、ミリタリー・・・などなど。
とことん突き詰める性格ゆえ?多趣味ながらどれも本格的。
もちろん、渓流フライフィッシングでご一緒したこともある。

そんな2Yさん、14年ほど前にハンドメイドナイフにハマっていた時期があった。
そこで、当時の僕は1本をお願いした。

月日は流れ、すっかり忘れていた僕に、『もうすぐ完成するから・・・覚えてる???』とは先週のこと。
仕事や趣味に忙しく、途中中断しながらも合間を縫って、少しずつ進めてくださっていたのだ^^


DSCN7932_R.jpg

ブレードは、ATS-34。
丈夫で耐食性もあり、ナイフの鋼材としては評価の高い素材だ。
オーダーした当時、高級ハンドメイドナイフの素材といえばATS-34だったので迷わずお願いしたことを覚えている。

そして、ハンドルはマイカルタ。
こちらも、ナイフのグリップ材としてメジャーな人工素材だ。
ウッドとは違った質感に興味があって、こちらもリクエストさせていただいた。

もちろん、革製のシースもハンドメイド。


DSCN7941_R.jpg

ブレードの形状は、汎用性があってカーブもエレガントなセミスキナー。
ハンドメイドナイフでは、人気のある形状だ。
ブレード長も3インチとコンパクトで、山や釣りに持っていくにもちょうどいい^^

仕上げはミラーフィニッシュにしてくださったけど、2Yさん曰く『仕上げはイマイチ。ピカピカじゃない・・・』らしい。
僕から見れば十分にきれいだし、使うと細かな傷もついてしまうので、これでも十分すぎる仕上がりだ^^;


DSCN7936_R.jpg

タングは、“フルテーパード・タング”。
このあたりも手が込んでいる!
僕は、タングの種類まではリクエストしていなかったけど、さすがこだわりの2Yさん!!!
頑丈かつバランスの良い構造にしてくださった。


DSCN7935_R.jpg

ヒルトのあたりなども丁寧に作られている・・・

実は、初めこのナイフは半完成品として2Yさんから譲り受けたものの、切り出した鋼材とグリップ材を前に「根気も技術もない僕には、金属加工は絶対にムリ・・・」と諦めた。
そして、再び2Yさんに引き取っていただき製作をお願いしていたのだ。
きっと、万力に挟んで夜な夜な鑢で削ってくださったに違いない。(感謝!)


DSCN7949_R.jpg

シースはナイフが抜けないように、ヒルトとグリップの指掛りが引っかかるようにできている。
しかも、簡単に抜けてしまっては危険なので、しっかりとロックされるように作られていた。


さて、このナイフのお代は聞いてビックリ・・・本当に、当時の材料費だけだった。
ここまでの時間と労力を思うと、なんとも申し訳なくて・・・・・

そこで、“僕にできる、せめてものお礼”ということで、今作っているロッド(現在、肩の負傷により製作はお休み中ですが^^;)が完成したら、渓流用のバンブーロッドを製作して2Yさんに使っていただくことになった。
少しは恩返しできるかな・・・^^

2Yさん、素晴らしいナイフをありがとうございましたm(_ _)m
山に釣りに、生涯大切に使わせていただきます^^
バンブーロッドは、来シーズンには間に合うことと思いますので、気長にお待ちくださいね!

PS.写真を撮っていたら、横でヒロが欲しそうな目をしていた・・・これはお父さんのだからね^^;




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2015年03月03日 06:44

おはようございます。

これは凄い!
14年の月日を経て少しずつカタチにされた先輩の意志が、素人の僕にも伺えます。

出てくる用語は全くついていけません(^-^;

ケース(シースというんですね)に収まった姿がめちゃくちゃ格好いいです!萌えます(^-^)

>co-dropさん

2015年03月03日 07:04

co-dropさん、おはようございます。
2Yさん、実は見事なランディングネットも作られるし、グラファイトのロッドも組むんです。
僕ができて、2Yさんがしない(“できない”ではありません。)のは、バンブーロッド製作くらいしかありませんでした^^;

人気のセミスキナー、3インチのハンドメイドナイフなんてとても買えるもんじゃありませんから、大切に使っていくつもりです^^
今度、山へご一緒するときに持っていきますね!

こんばんは(^^♪

2015年03月03日 18:54

おお!

良い刃物を手に入れたでね~~
鋼w光らすのは簡単ですよ(*^^)v

刃型がハマグリに見えるけど、二番刃は落とした方が良く切れるよ。
正し、刃の角度が問題だけど・・・

でも、綺麗なナイフです(^^♪

良い物は、長く付き合えるし思い出も沢山!

何か・・・遠い目に成ってしまった(笑)

>アダムスさん

2015年03月03日 19:09

アダムスさん、こんばんは。

す、鋭い!
なんでこんな小さな写真でハマグリってわかるんですか???^^;
製作者曰く、『ハマグリになっちゃった^^;』と言ってました。
刃角は、ランスキーシャーブナーで20度ずつだそうです。
次に、自分で研ぐときは、何度位がベストでしょうか???

ブレードはコンパクトですが、しっかりとした質感が気に入ってます。
長いお付き合いになりそうです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。