Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode975 … 使い勝手を考えて・・・

2015年 07月05日 12:59 (日)

ちょうど去年の今頃だったかな・・・
ラバーソールのウェーディングシューズを試した。
いろいろな渓で履いてみて、大きな不満はなかったんだけど・・・
思うことあってフェルトに戻していた。


DSCN8810_R.jpg

そのシューズのフェルトがいよいよ摩耗してきて、次の一足を買うことになった。
さてどうしようか???

 
 
DSCN8815_R.jpg

ミサさんから頂いた秀山荘の沢靴、これを去年の夏から一年近く履いてみた。
一年間で、だいたい10日間の使用だ。
(3〜4月はウェーダー着用のため、別のフェルトスパイクシューズを履いている。)
一日当たり20kmは歩いていると思うので、10日間でもそれなりの距離を履いたことになる。

グリップ、水はけ、重さ、歩き心地、どれも満足している。
また、フェルト以外の部分には全く問題がないので、耐久性も良いと思う。

でも、フェルトは1年間もたない・・・
貼り換えはお店に出すと6,000円もかかるし、自分で貼り換える時間なんてないし・・・

摩耗と吸水による重量増以外には、水辺の使用ではまったく欠点のないフェルトソールのWDシューズ。
でも、角の丸くなったフェルトは、山歩きではますます足元が滑ってしまい、怖い場面もでてきた。
ここ何度かの釣行では、梅雨空ということもあって足元はますます不安定になり、そろそろ買い替えを検討していた・・・


DSCN8813_R.jpg

で・・・結論。
今回は、再びラバーソールに戻した。

僕は、co-dropさんと同行させていただく機会がほとんどだけど、彼は昨年からラバーに変えていた。
そして一年間、隣で様子を見ていて、まったく問題がないと確信したのだ。
(実験台?になっていただいたco-dropさん、ありがとうございましたm(_ _)m)

一番心配だったのは、某源流域の岩だった。
その渓に行くには険しい道のりを歩くので、それなりに疲れが出る・・・
しかも、その渓界隈の岩は、フェルトでも滑りやすいと言われているのだ。
『ラバーでは厳しい』とも言われていたのが気になっていた。


DSCN8807_R.jpg

でも、その某渓にco-dropさんと何度か行ってみたけど、曰く“まったく問題ない”とのことだった。
濡れて滑る一枚岩でも、フェルトとかわらず上り下りできるし、転んでいる姿は見たこともなかった。
それ以上に、往復の山歩きや高巻きなど、“岩と土の混在する箇所”はラバーの方がグリップするので、かえってラバーの方が安全性が高いかもしれないと思うようになった。

加えて、フェルトはいったい何グラムの水を吸水するのだろうか???
片足にコップ一杯分(約200g弱)?????
もう若くはないので、できる限り負担は軽減したいのだ。

そんなことをこの一年間で考えて、今回は再びラバーソールにしてみた。
“今回は”というのは、またフェルトに戻らないとも言えないから・・・^^;
でも、車止めからの往復もトータルで考えると、僕の今後のWDシューズ選択はラバーに落ち着いていくように思う。
スパイクソールも役には立たなかったし・・・

ちなみに、このモンベルのラバーソールのシューズは、税抜きで10,000円だった。
フェルトの貼り換えが6,000円ということを考えると、ランニングコスト面でも助かるかもね^^;




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

モンベラー

2015年07月05日 17:12

モンベラーの僕には興味深い記事ですが,
ウェットウェーディングは涼しくていいのですが,
帰りの車で足が痙ってしまう軟弱な肉体です。
そこで,ラバーパターンが同じように見えるモンベルのウェーディングブーツを買おうかと思っています。
柔らかくてグリップ力があるというのがいいですねえ。

感覚

2015年07月05日 20:23

今晩は
オイラのウェーディングシューズ選びは
まず、ヒィット感と履き心地を最優先致します
哀しいかな、釣りかいと自問自答って、歩くのがメインですので
今年購入したのは、ダイワのシューズです
フェルトに小さなスパイクがあります
ソールは、減りにくいですが、岩盤の多い渓ではいまいちかと
ラバーソールは、オイラは、ちっと不安の方がと
メーカーと個人個人の足の相性がありますので、難しいですね

2015年07月05日 21:26

こんばんは。

ラバーソールにする

「おお!いいじゃん!ラバーソール最高!」

「うーん、やっぱりラバーはヌメヌメの岩は滑るよなぁ。やっぱり、次はフェルトに回帰だな。」

「あれ?結局ラバーにして一年経っちゃった。ラバーソールって結構耐久性いいね。貧乏にはもってこいだね。それに、気を付ければヌメヌメ岩もなんとかなってない?」

↑今ここです!

やっぱりフェルトに比べればヌメの岩や濡れた木は滑りますが、だんだんと警戒ポイントが分かってきました。

それ以外のシチュエーションではラバーに軍配が上がります。

この先フェルトにまた戻るときがあるのかもしれませんが、今のところは次の靴もラバーだと思っています。

そしてミサさんがおっしゃる通り、フィット感は長時間の釣りでは最も重要ですが、モンベルはその点でも気に入っています(^^

>リョウさん

2015年07月05日 23:06

リョウさん、こんばんは。
モンベルのウェーディングブーツはサワートレッカーシリーズとはまったく別カテゴリーなので、購入するときは確認された方が良いかと・・・
かなり重い靴ですから、疲れると思いますよ。

ウェーダーで使うなら、僕はフェルトスパイクシューズを履いています。
マジックテープですし超軽量、しかも4,000円でお釣りもきますし。

>ミサさん

2015年07月05日 23:16

ミサさん、こんばんは。
僕もフェルトスパイクシューズ(ピン付)を履いていて、一枚岩に弱いと感じています。
フェルトだけだと「ジワっ」とグリップしますが、ピンがあるとガリガリって滑ってしまいます。
秀山荘はフェルトの減りは速く感じましたが、グリップ力は素晴らしかったです!
足型もタイトなので、歩きやすかったです。

ラバーはフェルトほど安定してグリップしませんが、高巻きとか土や落ち葉のあるところでは安心できますよね。
慣れるまでは何度かズッコケそうですが・・・^^;

>co-dropさん

2015年07月05日 23:21

co-dropさん、こんばんは。
スパイクソールがもう少し機能してくれたなら、フェルトソールのシューズを継続するつもりでした。
でも、林道の途中で外れてしまいましたよね・・・^^;

結局、僕らの釣りは距離を歩くことがあるので、フェルトの消耗はかなりのコストになります。
そんなわけでのラバー復帰です。
転ばないように、co-dropさんの後ろを歩くようにしますね^^

No title

2015年07月06日 08:58

こんにちは

ラバーソール系に変えてもう5.6年たちます。
最初はこれは「なんだ?」って感じだったのですがなれとは怖いもでのいまではフェルトは怖いです(笑)

今シーズンから新たに違うメーカーの物を履いてみようと考えています。

モンベルのインプレ楽しみにしています。

>takiさん

2015年07月06日 18:10

takiさん、こんばんは。
takiさんもラバーソールでしたよね!
5、6年履かれていて大丈夫と聞いて安心しました。
フェルトは確かに水辺ではあまり差がなくグリップするのですが、少しでも土や落ち葉が絡むと滑りやすいのが困りました。
ピンソールと併用してますが、いちいち付けるのが億劫で…^^;
僕も早くラバーに慣れたいですね!
モンベルの使い心地はUPしていきます。
takiさんの新しいラバーも楽しみにしてます!

No title

2015年07月08日 21:10

フェルトが減ったら買い替えちゃうんですか?!\(◎o◎)/
羨ましいです。
私は貧乏なので、本体がダメになるまで3~4回張替えます。もちろん自分で。
張替えはちゃんとやろうとすると大変ですけど、テキトーにやればそんなに時間も掛かりませんよ。

>JICKYさん

2015年07月08日 21:48

JICKYさん、こんばんは。
以前は貼り替えていたのですが、最近は土日も自分の時間がなくって・・・
毎週テニスしています^^;

接着剤、フェルトの金額も考えると、そのまま売ってしまい少しお小遣いを足して新品を買っています。

今回はラバーなので、2~3シーズンはもってくれると期待しています^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。